最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > ご贔屓さんのクローゼット No.07

きもの英をご贔屓いただいているお客様のクローゼットを拝見させていただきました。

向島花柳界・若き料亭女将の華やかで実用的なきもの選び

プロフィール

創業63年、向島花柳界を代表する料亭「きよし」の三代目女将。東京の若手女将会の中心的存在で、語学も堪能。3歳から日本舞踊を習い、藤間流の師範でもいらっしゃいます。

髪結いで始まる、花柳界の女将ライフ

向島の花柳界は都内最大。芸者衆が若い世代中心で、気のおけない親しみやすさがあると言われますね。日本文化に興味のある若い方々や外国人、女性のお客様にも楽しんで頂けるよう、お店でも見番でも新しい試みを積極的に行っています。ですから最近は違う分野の人に会ったり、街づくりや講演会に参加したり…外での仕事も多いですね。朝は5時半に起きて家人のお弁当を作り、朝ご飯を頂いてお稽古の準備。パパッとお化粧して、普段着の小紋を着て細帯を締め、髪結いさんに出かけます。時間がない時は伊達締めだけで、上張り(うわっぱり)を羽織って。お稽古後はいちど帰宅し、友人の舞台や展覧会を見に行ったり、外でのお仕事をしたりします。夕方、お座敷用のきものに着替えてお店に向かいます。開店前はお座敷の準備や料理の確認、合間に若い芸者衆の芸を見てあげたり…忙しいうちにお店を開けるという毎日です。

装いはおもてなし。季節限定のきもの選び

芸者衆の正式な装いは黒の引き着、お座敷では付け下げ・訪問着に、織りの名古屋帯・袋帯と決まっています。私自身はお座敷では付け下げも着ますし小紋や紬も着ます。女将として芸者衆を引き立てるように華美にならないような装いを心掛けています。向島のスタイルはすっきり粋な着こなし。季節感ある装いを心がけ、衣替えのルールはしっかり守ります。桜の訪問着や虫の夏帯、絽縮緬のきものなど、季節限定のアイテムを優先して選ぶのも、この世界ならではでしょうね。女性の装いもまた、おもてなしのひとつなのです。英とは先々代からのお付き合いで、きものや帯のほか、炬燵掛けや座布団なども作って頂いています。小さい頃からきものを着てきたので、私自身はちょっと遊びの入ったデザイン、趣味性の高いものが好きですね。また英は仕立てもいいんですよ。芸者と違って女将は座る姿勢が基本なので、帯の前部分を広めの5寸幅で誂えています。その方が帯がしっかり見えてバランスが美しくなります。

きもの英 ご贔屓さんのお気に入りは…

ピンクの絽の付け下げ ピンクの絽の付け下げ

四君子柄の絽の付け下げですね。グレイッシュな大人のピンクで、暈かしも利いているので単調に見えないんです。格の高い文様ながら、すっと足元から立ち上るようなデザインがモダンで、夏物では大のお気に入り。付け下げや訪問着は、お座敷のほんのりした灯りの下で着ることが多いので、全体としては落ち着いた色や雰囲気のもので、柄やデザインにほんの少しだけ趣向があるような品を選びます。

変わり織りの夏コート

7〜8年前に誂えた夏用のコートです。変わり織りの絶妙な透け感と紺系の多色使いにひと目惚れして、道中着を仕立ててもらいました。絽や紗のような強い透け感がないので、単衣の時期も含めて着ています。丈を長めにして、雨コートとしても使えるように。ジャブジャブ洗えるので、梅雨や夏の台風シーズンには大活躍ですね。

変わり織りの夏コート
可愛い小紋柄の上張り

蝶と花の小紋地で作った上張りです。朝の髪結いや近所の買い物など、時間に余裕がなく面倒な時は、伊達締めだけで上張りを羽織り、さっと出かけてしまいます。洗えるから汚れも気にならないし、掃除や水仕事にも重宝しています。洒落た色柄が多いのも楽しくて、夏物含め、これまでに何枚も作りました。みんなに教えてあげたら、わっと広まって…今じゃ向島の芸者衆で持っていない人はいないんじゃないかしら?(笑)

可愛い小紋柄の上張り

最新のコラムはこちらへ ご意見・ご感想はこちらへ

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ