最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > ご贔屓さんのクローゼット No.14

きもの英をご贔屓いただいているお客様のクローゼットを拝見させていただきました。

若女将にふさわしい着物姿を目指しています。

プロフィール

愛らしいお嬢様、と思いきや、二人のお子さんのママであり、日本料理『八代』の若女将でもある当間様。アルバイトの学生さんからも慕われる、凛とした強さと明るさを持つ女性です。

着物は充実した日々のパートナー

両親が経営する日本料理『八代』で若女将と言われるようになって、もう5年ほどになります。独身時代から手伝っていましたが、子供の手も離れてきたのと何よりこの仕事が大好きだったので正式に若女将となりました。中学三年生と幼稚園に通う子供がいることもあって、お店と家庭の両立は大変でしょうと言われますが、普段の生活では知り合えないお客様に会えるこの仕事に生きがいを感じており、毎日がとても充実しています。英の着物は日本舞踊をしている母が贔屓にしていたこともあり、物心ついた頃には家にありました。私も少々日舞を嗜むので、店で着るだけでなくお稽古などにも活用しています。もっとも最近は忙しくてあまりお稽古も出来ず、今は娘の方が熱心にやっていますが…(笑)。母とは体型が似ているので、時折着物の貸し借りをしたりしています。洋服ではとても考えられないですよね。でもそこから親娘の会話も生まれたりして、母も楽しそうにしてくださるのが嬉しいです。

スタッフの仕事着も英で

若女将の仕事は色々ありますが、学生アルバイトの教育もそのひとつです。時には厳しく叱ることもあります。いっそ目をつぶっちゃおうかな…と思うこともありますが、甘やかしても彼らが社会に出た時に困るだけだと思い、心を鬼にして厳しい若女将になることも(笑)
それでも、みな途中で辞めることなく、卒業まで続けてくれますね。就職して、初給料でお客様としてお店に遊びに来てくれたりする子も多く、感激してしまいます。そんなスタッフの仕事着も、ずっと英で作っております。結構うるさく注文をつけてしまうのですが(笑)いつもプロフェッショナルに対応してくれます。仕事着ですから機能性はもちろん、気持ちよく働くためには着心地の良さや色なども大事だと思っていますが、その点でも満足しています。個人的にも、お店にとっても、なくてはならない存在ですね。

きもの英 ご贔屓さんのお気に入りは…

おめでたい蘭の着物 おめでたい蘭の着物

これは5年くらい前につくった訪問着です。シックな色合いで大人っぽく、ひと目で気に入ってしまいました。実はこれ母の寸法なのです。私が気に入ってしまい母に勧めてしまいました(笑)でもしょっちゅう着ているのは私の方かしら?この着物はお祝い着にちょうどよく、最近では息子の七五三で着ました。少し前にお店を改装したのですが、改装オープンの時にも着ました。日舞を習っている娘が年頃になったらやはりこの着物に袖を通してくれる日がくるのかしら・・・なんて考えると嬉しくなってしまいます。親娘三代で同じものを着続けるなんて素敵ですね。

蝶々尽くしの小紋

モダンな蝶々の柄が可愛い、とても気に入っている一枚です。これはひと目惚れして購入しました。灰桜色は大好きな色なので、着ていると嬉しくなりますね。柄の好みには結構うるさいのですが、このように総柄でもシンプルな中に小粋な感じのする柄は素敵です。洋服の場合、段々年齢を重ねると、ピンクの服では若作りに見えるんじゃないかと不安になることもありますが、着物だと帯や小物を変えれば大人っぽくも着こなせるのがいいですね。この着物もその年齢に合う組み合わせをして一生大切に着たいです。

蝶々尽くしの小紋
接客用の二部式着物 接客用の二部式着物

自分の着物だけでなく、お店のスタッフのものもすべて英で仕立てています。従業員の着物に対していい加減な店もありますが、私は働くモチベーションにも関わってくると思うのでついこだわってしまいます。これまでに10種類ほど作りましたが、なるべく気持ちよく働いてもらえるように、機能性はもちろん色にもこだわります。この若草色は爽やかでとても気に入っています。また袖口にゴムを入れたり袖の形を舟底にしたりして着物を着慣れない若い子達でも着易いようなひと工夫を加えています。


最新のコラムはこちらへ ご意見・ご感想はこちらへ

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ