最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > ご贔屓さんのクローゼット No.51

きもの英をご贔屓いただいているお客様のクローゼットを拝見させていただきました。

イメージ 自由気ままな隠居暮らし、時にはふらり着物散歩。

プロフィール

万葉集をはじめとする日本文学、またその博学を生かした比較文学の分野でも業績を上げ、ユニークな講義で学生たちの心をつかんでこられた川上先生。大妻女子大学を退職された今は、悠々自適の日々を楽しんでいらっしゃいます。現役時代そのままのサービス精神と巧みな話術で、楽しいお話をたっぷり聞かせてくださいました。

学生時代に憧れた「着物で講義」

学生の頃から、京都、奈良によく通っていました。昭和30年代はどこへ行っても荒れ寺で、侘び寂びの世界。非常によかったですよ。そんな時代に、京都の呉服屋で初めて自前で着物と茶羽織をつくりました。自分の好みで誂えたのが嬉しくて、長く愛用しました。あと、着物で忘れられないのは、これも学生時代、夏の学会のお世話をしていた時、講義で壇上に上がった先生のひとりが夏の羽織姿で、扇子を使う姿がいかにも涼しげで格好よくてね。よし、教授になったら着物で授業をやるぞと思ったんですよ。ところがいざその立場になると、気障に思えちゃって…結局大学では一度も着物で講義したことがない(笑)。依頼された着物学校での講義には着ていきましたけどね。それから退職後のある夏に、比較文学で怪談話をする企画があって、「白い着物で幽霊話もいいな」と思って着たことも。背景も竹林でそれらしい雰囲気に仕立ててもらって、抜群の演出効果になりました。

気の向くままに楽しめる都会暮らし

退職して隠居するにあたって、最初は郊外に住むつもりでいたんですよ。ところが息子に「映画館も喫茶店も近くにないんだよ?親父には無理」と言われ、それもそうだなと(笑)。今じゃほぼ毎日、お昼を食べに外に出て、そのまま図書館か映画か落語かに行って、喫茶店に寄るのがお決まりのコースかな。みんな行く場所が決めてあって、喫茶店はクラシック音楽の流れる紅茶のおいしいところ。食事は鰻ならここ、天ぷらならここ、と食べるメニューも同じ。今ではどこでも、僕の顔を見ただけで注文もしないのに出てくるんです(笑)。お陰さまで気ままな年金暮らしですよ(笑)。着物ももっと着たいから、しばらく中断していたお茶会にも行ってみようかなと思っているこのごろです。

きもの英 ご贔屓さんのお気に入りは…

長く着られる定番のお散歩着 長く着られる定番のお散歩着

長く着られる定番のお散歩着 日課の散歩にもぴったりの、夏紬と羽織。ひとえの紅梅地で、着心地がいいんです。下に長襦袢を合わせて調節すると春の桜の咲き始めから秋の虫の音の頃まで、長い期間着られます。とても着やすくて気に入っているから、もっと長期間着ているかもしれない(笑)。なにせ汗をかいても手入れが簡単で、余計な気兼ねがいらないからいいですね。

おしゃれで評判のいい羽織とポンチョ

変わり縦絽という生地も面白いし、この羽織とポンチョというスタイルが、なかなかに粋でしょう。銀座とか、ちょっとお洒落をして出かけたいという時によく選ぶ組み合わせです。以前、デパートで買い物してたら、女性が追いかけてきて「どちらでおつくりになったんですか」って声をかけられたこともありました。どこに着ていっても、誰からも評判のいい装いですよ。

おしゃれで評判のいい羽織とポンチョ
こだわりを託す小物、いろいろ こだわりを託す小物、いろいろ

洋服でも和服でも、特に持ち物には凝るほうで、できあいのものをそのまま身につけるのは好きじゃない。こういうのが欲しいなと思ったら何軒もまわって探すし、オーダーしてつくってもらうこともよくあります。英で茶羽織を仕立てた時にあまった着物生地で足袋と手提げ、懐紙ばさみを、使い分けられるように2種類ずつつくりました。他にも懐中時計や羽織紐なんかも何種類か持って、着物や帯に合わせて身につけます。代わり映えのしない格好は面白くないし、せっかくいい着物を着てるんだから、持ち物だってこれだと思えるものを選びたいですね。


最新のコラムはこちらへ ご意見・ご感想はこちらへ

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ