最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > ご贔屓さんのクローゼット No.58

きもの英をご贔屓いただいているお客様のクローゼットを拝見させていただきました。

イメージ “吉田雪乃さん(一般社団法人 伝統色彩士協会代表)|日本人を一番素敵に引き立てるのは、日本の色です。

プロフィール

日本で唯一の和のカラーリスト、伝統色彩士として活動を始め、たちまち注目の的に。東京オリンピックに向けて「日本の見せ方」があらためて問われる今、さらに多彩な分野からひっぱりだこの雪乃さん。その根底には幼い頃から積み重ねられた和文化への深い愛情と造詣がありました。

日本人に似合う色を追求

和の色にめざめたきっかけは、外資系の化粧品ブランドで働いていた時のこと。お客さまにメイクの提案をするうちに、私たち日本人と欧米人では、色の出方も肌になじむ色もまったく違うことに気がついたんです。色についての勉強はしてきましたが、本当に日本人に似合う色を探すには、洋のカラーと違う発想が必要なのでは…そう思ってすぐに日本の伝統色を一から学び始めました。ベースになると考えたのは、古来、日本に守り継がれてきた草木染めです。この道半世紀を超える職人さんの工房をいくつも訪ねて、修業しました。今も通っている引染めの師匠は、100歳で現役です。そんななかで、日本人の肌には日本の風土が育んだ自然からもらう色こそが合うことを確信しました。そして学んだことを人に伝えるために体系化し、確立したのが和の伝統色彩士という仕事です。

日本の色をさまざまな分野で活かしたい

私自身、父親は刀剣商、祖母は呉服業という環境で、幼い頃から当たり前のように和のお稽古ごとや着物に親しむ暮らしをしてきました。一時期は海外の文化に惹かれた時期もありましたが、結局まわりまわって戻ってきました(笑)。今の仕事はこうした経験を持つ私だからこそできるという自負があります。現在は仕事でもプライベートでも、1年のほとんどを着物で過ごしています。だから洋服を着るとかえって新鮮。月に数回、洋服で出かけたり仕事したりするのが、一番の気分転換といえるかもしれません。普通の人と反対ですね(笑)。最近では色をテーマにした商品開発から空間コーディネート、それから和文化についてのレクチャーなど、関わるジャンルもどんどん広がっています。とにかく予定ぎっしりの日々ですが、いつか機会があれば色を通じて子どもの情操を育むお手伝いができればと、夢を描いています。

きもの英 ご贔屓さんのお気に入りは…

仕事でもご縁のある千總柄の小紋 仕事でもご縁のある千總柄の小紋

百貨店や呉服メーカーでの着物と帯のコーディネートやアドバイスの仕事でご縁のある京都の老舗・千總さん。これは、そんな千總さんの伝統柄のひとつ。幼い頃から着物に親しんできたこともあり、やはり一番心惹かれるのは古典柄ですね。英のきものは、このとおり、絹に親しんできた私でもまったく違和感をおぼえることのない質感、色柄が素晴らしいですよね。雨風の日のパーティやお茶会にも気を使わずに着られるのが嬉しいです。 合わせているのは紅葉柄も美しい秋限定の帯ですが、なにせ日常着が着物ですから、出番は多いです。特に出張やお茶のお稽古などの時によく合わせます。

叔母から譲り受けた色無地は、やさしい色合いが好き

ずっと茶道をやってきた叔母が、私が茶道にはまっていると聞いて譲ってくれたものです。「ひとえは汗をかくから洗えるのがいいのよ」というアドバイスと「あなた、この色好きでしょ!」という愛のあるメッセージつきで(笑)。本当に、大好きな明るくてやさしい色です。とてもお下がりと思えない美しさで(笑)、以来ずっと愛用しています。お稽古やお茶会はもちろん、パーティに娘の入学式にと、ヘビーローテーションの一枚になりました。

叔母から譲り受けた色無地は、やさしい色合いが好き
家元の道場に通うときは、礼を尽くしこんな色無地で 家元の道場に通うときは、礼を尽くしこんな色無地で

茶道の心得はあったのですが、縁あって武者小路流の素晴らしい師匠に巡り会って稽古に身が入るようになりました。家元の東京道場にある稽古場に通わせていただけるようになったので、装いも礼を尽くさねばと新たに紋付の色無地をつくることに。叔母の色無地があまりに便利だったので、迷わず英にお願いしました。本格的な茶室になじむものをと考えて、この色を選んでみました。落ち着いた雰囲気で、心静かに茶と向き合える気がします。


最新のコラムはこちらへ ご意見・ご感想はこちらへ

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ