最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > ご贔屓さんのクローゼット No.59

きもの英をご贔屓いただいているお客様のクローゼットを拝見させていただきました。

イメージ “有吉守聖さん(武者小路千家両忘会主宰)|お茶を入り口に、日本文化の魅力を広く伝えたい。

プロフィール

肥後細川藩の家老・有吉男爵家の22代当主である有吉さん。現在は、大手損保会社の顧問を務めつつ、武者小路千家家元直門相伝の教授として活躍されています。前職は陸上自衛官幹部という驚きのご経歴も。その穏やかなお話ぶりからは、若き日々より貫いてこられた品格ある生き方がしのばれます。

自衛官時代にお茶のやすらぎを再認識

有吉家は、細川藩家老のなかでも軍団の長として、幕末まで活躍した家。ですから自分の職業を考えた時、国のために働ける自衛官が一番近いと思い、防衛大学に進みました。その後、陸自に入って約30数年、最後は陸将補で退職しました。そんな私と茶道の接点は、ひとつは母です。旧華族の女性として身につけていた教養を生かし、自宅で茶道や茶懐石料理の教室を開いていました。そんな環境の中で、私も自然とひととおりの作法は身につきましたが、きちんと教わろうと思い立ったのは、母亡きあとのことです。ちょうど東京勤務だった30歳の時、武者小路千家に入門しました。もともと茶道は、戦国武将たちが戦いの合間、心の平安を求めてのめりこんだという側面があります。その意味では、本庁勤務で精神がたぎるような日々の合間、週に一度、稽古で別世界の静寂にひたるのは、心の均衡を保つにも非常に貴重な時間でした。

教室ではみんなが楽しく学べるように

退官後は、「両忘会」を主宰し、千駄木にある家元の東京道場をメインの稽古場として使わせていただいています。点前動作だけでなく、茶花を活けることや軸の説明、和歌の解釈など、茶道を通じて多彩な教養を伝授するよう心がけています。もともと茶道は、室町時代に花開いた日本文化すべてを含む総合芸術。丁寧に学んでいくことで、動きの理屈もわかるし探究心も深まります。もちろん興味の対象や目的はお弟子さんによって違いますが、私は一人ひとりの希望に沿って、とにかく楽しんでもらうことを第一にしています。月謝を払って怒られてばかりじゃ面白くないですからね(笑)。こうしてより多くの人と豊かな時間を共有しながら、私が母や家元から、ひいては先祖から受け継いだものを伝えていくことが、これからの目標といえるのかもしれません。

きもの英 ご贔屓さんのお気に入りは…

出張にも便利なちりめんの三ツ紋 出張にも便利なちりめんの三ツ紋

茶の行事用にとあつらえました。ちなみに正装は普通五ツ紋ですが、お茶の席で男性がこれを着ると威圧感があるので、あまり紋が見えない三ツ紋にします。地方でのお茶会の手伝いなどは、何日も続く場合があり、絹ものだと何枚か用意が必要です。でも、英の洗えるきものの場合、汗をかいたり汚したりしても、ホテルのバスルームでさっと洗って干しておけば翌日着られます。この便利さは、本当に素晴らしいですね。

伝統色彩士・吉田雪乃さんお見立ての色

茶の稽古着にと、私の弟子でもある伝統色彩士・吉田雪乃さんが見立ててくれた紬です。どうしても自分で選ぶと、グレー系など暗めの色になってしまうんですよね。男性全般、比較的そういう傾向が強いんじゃないでしょうか。吉田さんからは「もっと明るい色がいいです」と強く言われ(笑)、自分としてはかなり思い切った色になりました。ところが着てみたら、特にご婦人方の評判がいいんですね。勉強になりました(笑)。

伝統色彩士・吉田雪乃さんお見立ての色
威儀を正す場に必要な正装も、替えがあると便利 威儀を正す場に必要な正装も、替えがあると便利

茶の湯では男性の正装となる十徳です。我が流派では家元から賜るもので、正式な場に出る時は必ず着用が求められます。それだけになかなか洗い替えがききません。それが、英でつくっていただけると聞いて、まさに聞いたその場でお願いしました(笑)。これなら見劣りがしない上、手入れも簡単。どんな時にも安心して着ることができ、たいへん助かりました。


最新のコラムはこちらへ ご意見・ご感想はこちらへ

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ