最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > ご贔屓さんのクローゼット No.77

きもの英をご贔屓いただいているお客様のクローゼットを拝見させていただきました。

イメージ 細井宗志さん(会社員・茶道教授)|大人として必要なことはすべてお茶から教わりました。

プロフィール

ウイークデーは大手食品メーカーの秘書室で重役の信頼を集め、週末は茶道の教授者としてご活動と、双方で着実なキャリアアップを果たしてきた宗志さん。ふんわりと優雅な雰囲気ながらテキパキと活動的で、話すほどに楽しく魅力的な女性です。

ふたつの顔で「お茶漬け生活」

中学時代に始めた茶道ですが、大学生になって初めてお茶事に参加させていただいた時に、大きな衝撃を受けました。真のおもてなしとはここまできめ細かに相手のことを考えるものなんだということ、もてなされる側も相応の心得を持っていないと全てを受け止められないということ。両者の心が響き合って初めて完成する素晴らしい場があることに感激し、お茶の先生になりたい!と強く決意するに至りました。そうして稽古に身を入れるほどに、求められるひとつひとつの所作や考え方すべてが理にかなっていて、大人として日常的に活かせるマナーであることがわかりました。それは、大学卒業後、秘書として働き始めてからさらに実感するようになりました。たとえば食器の向きの合わせ方や果物の切り方、接遇のマナーなど直接的なことだけでなく、仕事の優先順位や空気の読み方など、まず相手や周囲のことを考えて行動することが、すべてにかかわってくるのです。仕事ではお茶漬けで知られる会社で働き、プライベートでは茶道教授、これを「お茶漬け生活」と自称していますが(笑)、私の中ではしっかりつながっています。

思い立ったら即行動

茶道を教える立場になった今も、型をなぞるだけの稽古ではなく、どう日常に活かせるかを具体的に伝えるように意識しています。関西人でありませんが「笑わせてなんぼ」のきもちで、楽しく印象づけられるように工夫しているつもりです。役立ったと喜んでもらえると嬉しいですね。また、茶道には体力も必要と実感して筋トレを始めましたが、すっかりはまって今では週2、3度はジム通いをしています。勢いでホノルルマラソンに出たりと、ストイックな性分のせいか、熱が入るとやりすぎてしまうところが若干ある私です(笑)。これからも着物も含め、さまざまな経験を積みながら学んでいきたいと思っています。

きもの英 ご贔屓さんのお気に入りは…

新しい自分を演出できる、クールなカラー 新しい自分を演出できる、クールなカラー

着物はお下がりも多くて、手持ちのものはピンク系が主なので、自分で購入するときはブルー系を選ぶことが多い傾向に。これまでは黄みのブルーばかり選んできたのですが、たまにはこんな色もどうですかとご提案いただいたのがこちらのキリッとした色でした。当ててみるとカッコよくて、今までの自分になかった雰囲気。気温があがっていく季節にぴったりの涼やかさがあり、とても気に入りました。帯を黒にしたら秋にふさわしい重厚感も演出できます。

めぐりめぐって、やっと見つけた「褒められ」コート

英を知るまで、着物のコートを買うのって、本当に大変だったんです。紗のコートが欲しいといろんなお店をめぐったのですが、たいてい黒でレースごてごてだったり、リボンレースがつながっていたり、なんだか昭和な香り(笑)。こちらで見せていただいた時、シンプルでおしゃれな品揃えに感激。欲しかったデザインをやっと見つけた!という思いでした。このひとえの春コートも、やさしい色で、ピンク系の花と青い花が入っているのですが、下に着る着物の色によって浮かぶ花が違うのがまた素敵なんですよ。

めぐりめぐって、やっと見つけた「褒められ」コート
セルフイメージにぴったりの“はんなり色柄” セルフイメージにぴったりの“はんなり色柄”

蝶のモチーフが好きで、この小紋もひとめ惚れでした。お稽古や、お友達とのランチなど、どんなシーンにも気軽に着られて大満足、愛用の一枚です。徐々に年齢のことを考えて、これから先も着られるかどうかで選ぶようになってきていますが、これならはんなりとした上品さがあり、帯合わせもしやすくて、長く重宝しそうです。


お知らせ「ご贔屓さんのクローゼット」参加者募集

弊店の洗えるきものをお召しのお客様、「ご贔屓さんのクローゼット」にてご紹介させていただける方を募集しております。お気に入りのきものをぜひご紹介ください。
ご興味のある方はメール又はお電話にてご一報ください。

電話:03-3269-6018 / info@kimonohanabusa.co.jp

バックナンバー

No.01 「絹物を着尽しているからこそ、英のきものが欠かせません。」
No.02 「母から私に、そして娘へ。家族三世代で楽しむ、英のきもの。」
No.03 「舞台衣装はやはり英で。汚れを気にしなくていいので演奏に集中できます。」
No.04 「質の高い染めの仕事に太鼓判!英のフォーマルきものはいいことずくめ"」
No.05 「喜優流の着こなしは、小紋と染め帯で季節を楽しみます。」
No.06 「17歳で松竹歌劇団(SKD)に入団 大好きな踊りで芸能の世界へ」
No.07 「向島花柳界・若き料亭女将の華やかで実用的なきもの選び」
No.08 「いつもの自分から日本女性へ気軽に変身!英のきものの便利さにはまりました。」
No.09 「“着ていて楽しい”がキーワード。お店もプライベートも英が大活躍です。」
No.10 「華やかで品があることが大切。本人を際立たせる着物選びを。」
No.11 「気負わず、気楽に、悠々と。趣味の着物だからこそ、自由な心で。」
No.12 「悠々自適の日々で見つけた楽しい着物ライフ。」
No.13 「指導者の立場になっても品があるが出しゃばらない着物で。」
No.14 「若女将にふさわしい着物姿を目指しています。」
No.15 「40年前からのご贔屓!「惜しげもなく着られるのがいい」
No.16 「コートのお洒落は着物の醍醐味 品と華やぎで日々を楽しく」
No.17 「気兼ねなく着こなせる 洗えるフォーマルの魅力」
No.18 「夏だからこそ英の洗えるきもの毎日の装いに欠かせません。」
No.19 「幾つになっても女らしさを失わない可愛い着物が好き」
No.20 「お客様を主役にしつつ、自由に楽しむ着物スタイル」
No.21 「周囲への気遣いを第一に控えめな装いを心がけています。」
No.22 「35年前、英と出会った当時に作ったきものが、まだ現役です。」
No.23 「趣味の『伝統芸能』鑑賞に英の着物は欠かせません」
No.24 「若さに似合う明るい着物を気軽に着られる楽しさ」
No.25 「花街・向島の伝統を現代に受け継ぎ、継承していきたいと思います。」
No.26 「お茶屋文化を次代へ引き継ぐべく、奮戦中。」
No.27 「古きよき昭和の人情に支えられ、女手ひとつで築いたお茶屋。」
No.28 「着物との出会いで自分の世界が広がりました!」
No.29 「踊りが好きで好きで、ここまで歩んできました。」
No.30 「たくさん揃えて着こなしを楽しむ、理想の着物ライフを満喫中。」
No.31 「20年ぶりに再開した着物ライフを、気ままに楽しんでいます」
No.32 「着物ならではの制約の中で自分流の着こなしを」
No.33 「小学生の頃から憧れた文楽の世界で、三味線一筋60年。」
No.34 「娘に家元を譲り、2世宗家に。流派を盛り上げる努力はこれからも。」
No.35 「3代目家元として、2児の母として、フル回転の毎日です。」
No.36 「上方唄の演奏に魂をかけて半世紀以上。まだまだ精進の日々です。」
No.37 「天国の母に褒めてもらいたい一心でここまできました。」
No.38 「芸事にはまり、芸者さんの着こなしに憧れて…。」
No.39 「何だって、やるからには納得いくまで。充実の日々を楽しんでいます。」
No.40 「生まれ育った神楽坂の町を、さまざまなかたちで盛り上げたい」
No.41 「日本が誇る食文化、懐石料理をもっと身近に。」
No.42 「義母にきものを一から教われることが幸せです。」
No.43 「着物は和やかな交流を生み出す社交着。」
No.44 「運命の出会いから、今も続くふたりのラブストーリー」
No.45 「パソコンと着物を通じて、世界が広がり楽しみがふくらみました。」
No.46 「いつも愛する家族に囲まれて。今は孫たちの成長が楽しみです。」
No.47 「踊りを通して、より多くの人が自国の文化を知るチャンスを。」
No.48 「夫婦円満の秘訣は、尽きることのない会話です。」
No.49 「プロのエンターティナーとして、お客さまを満足させる踊りを。」
No.50 「美術から茶の世界へ日本文化の奥深さに魅せられています。」
No.51 「自由気ままな隠居暮らし、時にはふらり着物散歩。」
No.52 「よく働きよく遊び、人生を謳歌しています。」
No.53 「装いに託された日本の心に感銘を受けました。」
No.54 「地元仙台の伝統家具を守り継ぎ、より多くの人に。」
No.55 「“フロシキ”を和の世界に親しむ入り口に。」
No.56 「定年退職後の第二の人生に、着物で豊かな彩りを。」
No.57 「まるで恋でもしたように、着物への想いをつのらせて。」
No.58 「日本人を一番素敵に引き立てるのは、日本の色です。」
No.59 「お茶を入り口に、日本文化の魅力を広く伝えたい。」
No.60 「なんでも相談できる着物のアドバイザーでありたい。」
No.61 「地道に育てた人とのつながりが、何よりの宝物です。」
No.62 「さまざまな刺激を取り入れ、感動を伝えられる演者に。」
No.63 「家族と愛犬、そして着物、大好きなものに囲まれて。」
No.64 「心身を明澄の境地に導く居合道を後世へ。」
No.65 「憧れ続けた和の世界を、ようやく自由に楽しんでいます。」
No.66 「日本舞踊は、自分の中に揺るぎない軸を確立してくれます。」
No.67 「日本の文化に学ぶことは、いまや世界の流れでもあります。」
No.68 「贈り物も装いも、物語をこめることで喜びが大きくなります。」
No.69 「芯が一本通った芸を、しっかり身につけたい。」
No.70 「描くこと、着物を着ることは自己探求でもあるんです。」
No.71 「着る人の気持ちに寄り添う和装小物を届けたい。」
No.72 「受け継がれた舞踊を、日本文化とともに広めたい。」
No.73 「踊りとともに、家族とともに、さまざまなご縁に感謝して。」
No.74 「待ってましたの真打昇進、いっそうの精進を続けます。」
No.75 「悠々自適の今、いろんなことにチャレンジしようと思っています。」
No.76 「義母のおかげで、着物との新しいかかわりができました。」

ご意見・ご感想はこちらへ

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ