最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

きもの英 Instagram

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > ご贔屓さんのクローゼット No.95

きもの英をご贔屓いただいているお客様のクローゼットを拝見させていただきました。

イメージ 高田和哉さん(大学職員)|心身を研ぎ澄ます武家茶道の世界に惹かれています。

プロフィール

化学メーカーに勤務時代には、米国ニュージャージへの赴任で海外生活を体験。そんなご経歴を生かし、現在は大学特任教授として、海外の大学や企業との国際共同研究を推進支援するお仕事をされています。一方プライベートでは、20年前に入門した鎮信流の茶道に邁進される日々です。

日本人として日本を知るために

朝は「グッモーニン」で始まりトーストに紅茶の朝食、という洋風好みの家庭に育ち、ほとんど日本文化に関心を持つことなく育ってきました。ただ、セラミック工学を学んだ大学は濱田庄司や河井寛次郎といったビッグネームの陶芸家を輩出しており、やきものへの興味が芽生えました。会社員時代には山口県に赴任した時に萩焼に魅せられて、週末になると萩まで出かけては使い方もよく知らないままに茶道具を購入したりもしていました(笑)。実は抹茶の味は好きでよく自分で点てて飲んでいましたが、茶道はあのルーティンな動きに意味が見出せず、仰々しく面倒臭いものと思っていたんです。ところが米国に転勤になって日本を離れてみると、やはり日本人としてのアイデンティティの重要性に目覚めるわけですね。自国の文化を知らないのは恥ずかしいことだと。そこで、帰国後、妻の叔母が教える茶道教室に通い始めました。

宗家に学び、深まった興味

入門したのは、鎮信(ちんしん)流といって長崎平戸の大名・松浦(まつら)家に伝わる武家茶道。究極に研ぎ澄まされたシンプルで無駄のない点前にいつしか魅せられ、気がつけば妻以上にはまってしまいました。以来、20年になります。最初は最低限の点前だけ教わったら辞めると宣言していたんですがね(笑)。小さな流派なので、宗家から直接ご指導を受けたり、お話しを聞かせて頂く機会があって、その歴史や修練への心構えにふれて向上心がさらに刺激されたこともあります。茶道を始めてから新しい出会いや交流も増えて、俳句をやったり茶杓を削ったり、宗家から拝領した竹で花入をつくるために木工作家に弟子入りしたことも。自宅のリビングを改装して、2畳向切のお茶コーナーもつくりました。何度か簡単な茶事で友人たちをもてなしたことがありますが、やはり楽しいですね。とはいえ、今はまだ多忙でせっかくの道具を使う機会も少ないので、退職したらお茶三昧の暮らしをしようと心に決めています。

きもの英 ご贔屓さんのお気に入りは…

最初の一枚は、海外での茶会用

日蘭通商400周年の記念行事で宗家がオランダに招かれた時に同行し、茶会の手伝いをすることになりました。その時に、海外は天気もわからないし、洗えるきものが便利だろういうことで、きもの英を訪ねてつくってもらった最初の一枚です。光の加減によって微妙に違って見える味わいのある色で、品質も申し分ありません。その後、流派の正装である黒紋付も仕立てていただき、正絹よりも頻繁に着るようになりました。

最初の一枚は、海外での茶会用
茶人ならではの装いをおしゃれに

粋なグリーンの色合いが絶妙な十字絣の単衣小紋です。ポイントは、茶人に必須の紋を、縫い紋で入れてもらったこと。これがとても繊細で美しく、見るほどに惚れ惚れします。これもまた出番の多い一枚になりました。

茶人ならではの装いをおしゃれに
気分も引き締まる夏のコーディネート

夏の茶会にはこれ!と決めている目にも夏らしいコーディネート。ダークトーンに、荒磯の帯がきりりとしたアクセントになって、洒落た雰囲気になるのがいいですね。いくら冷房がきいていても、道中を含め夏場はどうしても汗をかきますから、洗えるきものははずせません。

気分も引き締まる夏のコーディネート

お知らせ「ご贔屓さんのクローゼット」参加者募集

弊店の洗えるきものをお召しのお客様、「ご贔屓さんのクローゼット」にてご紹介させていただける方を募集しております。お気に入りのきものをぜひご紹介ください。
ご興味のある方はメール又はお電話にてご一報ください。

電話:03-3269-6018 / info@kimonohanabusa.co.jp

バックナンバー

No.01 「絹物を着尽しているからこそ、英のきものが欠かせません。」
No.02 「母から私に、そして娘へ。家族三世代で楽しむ、英のきもの。」
No.03 「舞台衣装はやはり英で。汚れを気にしなくていいので演奏に集中できます。」
No.04 「質の高い染めの仕事に太鼓判!英のフォーマルきものはいいことずくめ"」
No.05 「喜優流の着こなしは、小紋と染め帯で季節を楽しみます。」
No.06 「17歳で松竹歌劇団(SKD)に入団 大好きな踊りで芸能の世界へ」
No.07 「向島花柳界・若き料亭女将の華やかで実用的なきもの選び」
No.08 「いつもの自分から日本女性へ気軽に変身!英のきものの便利さにはまりました。」
No.09 「“着ていて楽しい”がキーワード。お店もプライベートも英が大活躍です。」
No.10 「華やかで品があることが大切。本人を際立たせる着物選びを。」
No.11 「気負わず、気楽に、悠々と。趣味の着物だからこそ、自由な心で。」
No.12 「悠々自適の日々で見つけた楽しい着物ライフ。」
No.13 「指導者の立場になっても品があるが出しゃばらない着物で。」
No.14 「若女将にふさわしい着物姿を目指しています。」
No.15 「40年前からのご贔屓!「惜しげもなく着られるのがいい」
No.16 「コートのお洒落は着物の醍醐味 品と華やぎで日々を楽しく」
No.17 「気兼ねなく着こなせる 洗えるフォーマルの魅力」
No.18 「夏だからこそ英の洗えるきもの毎日の装いに欠かせません。」
No.19 「幾つになっても女らしさを失わない可愛い着物が好き」
No.20 「お客様を主役にしつつ、自由に楽しむ着物スタイル」
No.21 「周囲への気遣いを第一に控えめな装いを心がけています。」
No.22 「35年前、英と出会った当時に作ったきものが、まだ現役です。」
No.23 「趣味の『伝統芸能』鑑賞に英の着物は欠かせません」
No.24 「若さに似合う明るい着物を気軽に着られる楽しさ」
No.25 「花街・向島の伝統を現代に受け継ぎ、継承していきたいと思います。」
No.26 「お茶屋文化を次代へ引き継ぐべく、奮戦中。」
No.27 「古きよき昭和の人情に支えられ、女手ひとつで築いたお茶屋。」
No.28 「着物との出会いで自分の世界が広がりました!」
No.29 「踊りが好きで好きで、ここまで歩んできました。」
No.30 「たくさん揃えて着こなしを楽しむ、理想の着物ライフを満喫中。」
No.31 「20年ぶりに再開した着物ライフを、気ままに楽しんでいます」
No.32 「着物ならではの制約の中で自分流の着こなしを」
No.33 「小学生の頃から憧れた文楽の世界で、三味線一筋60年。」
No.34 「娘に家元を譲り、2世宗家に。流派を盛り上げる努力はこれからも。」
No.35 「3代目家元として、2児の母として、フル回転の毎日です。」
No.36 「上方唄の演奏に魂をかけて半世紀以上。まだまだ精進の日々です。」
No.37 「天国の母に褒めてもらいたい一心でここまできました。」
No.38 「芸事にはまり、芸者さんの着こなしに憧れて…。」
No.39 「何だって、やるからには納得いくまで。充実の日々を楽しんでいます。」
No.40 「生まれ育った神楽坂の町を、さまざまなかたちで盛り上げたい」
No.41 「日本が誇る食文化、懐石料理をもっと身近に。」
No.42 「義母にきものを一から教われることが幸せです。」
No.43 「着物は和やかな交流を生み出す社交着。」
No.44 「運命の出会いから、今も続くふたりのラブストーリー」
No.45 「パソコンと着物を通じて、世界が広がり楽しみがふくらみました。」
No.46 「いつも愛する家族に囲まれて。今は孫たちの成長が楽しみです。」
No.47 「踊りを通して、より多くの人が自国の文化を知るチャンスを。」
No.48 「夫婦円満の秘訣は、尽きることのない会話です。」
No.49 「プロのエンターティナーとして、お客さまを満足させる踊りを。」
No.50 「美術から茶の世界へ日本文化の奥深さに魅せられています。」
No.51 「自由気ままな隠居暮らし、時にはふらり着物散歩。」
No.52 「よく働きよく遊び、人生を謳歌しています。」
No.53 「装いに託された日本の心に感銘を受けました。」
No.54 「地元仙台の伝統家具を守り継ぎ、より多くの人に。」
No.55 「“フロシキ”を和の世界に親しむ入り口に。」
No.56 「定年退職後の第二の人生に、着物で豊かな彩りを。」
No.57 「まるで恋でもしたように、着物への想いをつのらせて。」
No.58 「日本人を一番素敵に引き立てるのは、日本の色です。」
No.59 「お茶を入り口に、日本文化の魅力を広く伝えたい。」
No.60 「なんでも相談できる着物のアドバイザーでありたい。」
No.61 「地道に育てた人とのつながりが、何よりの宝物です。」
No.62 「さまざまな刺激を取り入れ、感動を伝えられる演者に。」
No.63 「家族と愛犬、そして着物、大好きなものに囲まれて。」
No.64 「心身を明澄の境地に導く居合道を後世へ。」
No.65 「憧れ続けた和の世界を、ようやく自由に楽しんでいます。」
No.66 「日本舞踊は、自分の中に揺るぎない軸を確立してくれます。」
No.67 「日本の文化に学ぶことは、いまや世界の流れでもあります。」
No.68 「贈り物も装いも、物語をこめることで喜びが大きくなります。」
No.69 「芯が一本通った芸を、しっかり身につけたい。」
No.70 「描くこと、着物を着ることは自己探求でもあるんです。」
No.71 「着る人の気持ちに寄り添う和装小物を届けたい。」
No.72 「受け継がれた舞踊を、日本文化とともに広めたい。」
No.73 「踊りとともに、家族とともに、さまざまなご縁に感謝して。」
No.74 「待ってましたの真打昇進、いっそうの精進を続けます。」
No.75 「悠々自適の今、いろんなことにチャレンジしようと思っています。」
No.76 「義母のおかげで、着物との新しいかかわりができました。」
No.77 「大人として必要なことはすべてお茶から教わりました。」
No.78 「着物が日常にある暮らしを、日本人として守りたい。」
No.79 「着物を楽しむ人を、もっと素敵にしたいんです。」
No.80 「一人息子の出産とともに始動した「着物ミッション」。」
No.81 「寄席に、お客さまに、恩返しができる日まで。」
No.82 「舞踊家として、振付師として、舞台に生きる日々。」
No.83 「私の毎日を彩るのは、伝統芸能と愛犬への思いです。」
No.84 「かけがえのない妹だから、着物もお揃いで誂えました。」
No.85 「いくつになっても自然体でそこに居る、そんな落語家に。」
No.86 「第二の人生ステージで、趣味の世界を深めます。」
No.87 「南米でのさまざまな体験が、私の価値観と人生を変えました。」
No.88 「日本舞踊への気持ちは、幼い頃からずっと変わりません」
No.89 「花柳流三代目家元の内弟子修行で得た多くの宝物を次代へ。」
No.90 「時代におもねらず、古きに学ぶ落語を。」入船亭扇蔵さん(落語家)
No.91 「長期の南米生活で、日本文化の魅力を再認識しました。」大河原美恵子さん(主婦)
No.92 「着物は、「着る」ことによって受け継いでいける日本の文化」吉本直子さん(編集者・ライター)
No.93 「年齢を重ねるほどに、踊る楽しみが高まっています。」花柳眞理子さん(日本舞踊家)
No.94 「着物との出逢いから、私の世界が輝き始めました。」りつこさん(主婦)

ご意見・ご感想はこちらへ

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ