最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > ご贔屓さんのクローゼット No.88

きもの英をご贔屓いただいているお客様のクローゼットを拝見させていただきました。

イメージ 花柳旭扇さん(舞踊家)|花柳流三代目家元の内弟子修行で得た多くの宝物を次代へ。

プロフィール

母親の花柳寿月延さんから日本舞踊の手ほどきを受け、2歳半で舞台デビュー。花柳流三代目家元・寿輔さんの内弟子として修行後、故郷・大阪に拠点を置かれたのちも流派の厚い信頼を担われてきました。舞踊会「花柳旭扇の会」を主宰し、後進の指導に当たりながら、自らもパワフルにご活躍されています。
花柳旭扇オフィシャルサイト
http://hanayagi-kyokusen.jp

多くのことを学んだ内弟子修行

十代の頃は踊り一筋ではなく、スキー、水泳、サーフィンなど、たくさんのスポーツを楽しんでいました。高校卒業後は進学するつもりが、二代目家元の内弟子を経験した母から「短大に行くつもりで三代目の内弟子修行をしない?」と提案され、「2年くらいなら」という軽い気持ちで東京の家元のもとへ。まさかそれが7年に及ぶとは思いもしませんでした(笑)。家事から身の回りのお世話まで厳しく仕込まれ、最初は何をしても怒られてばかりでしたが、礼儀作法や人への気配り、もちろん日本舞踊のプロとして、また指導者としてのすべてを教えていただけた貴重な体験でした。家元の目線ひとつで求められていることを察して動くことができるようになったのは、そんな日々の賜物です。長めのお礼奉公を終え大阪に戻ってからも、付き人として何かとお声をかけていただき、最期までお側にいることができました。早いもので今年は十三回忌。現家元も、伝統を守りたいと昔のことを謙虚に聞いてくださるので、お役に立てることでお返しして行きたいと思っています。

日本舞踊を広める多彩な活動

帰郷後は、大阪青年会議所への加入が、視野を広げるきっかけとなりました。JCT世界会議で日本青年会議所のメンバーとともに世界各地で日本舞踊を披露し交流に花が咲いたのも素晴らしい思い出です。気がつけば最短で理事になっていました(笑)。卒業した今もメンバーとは交流が続いており、有志で構成するバンドのボーカルとして年に一度のライブ開催など、楽しく活動しています。チャレンジ精神旺盛ゆえに、舞踊でも流派の枠を越えた舞台や、子ども教室の指導など、チャンスがあれば何にでも全力を尽くしてきました。これからも多彩な機会を通じて日本舞踊の素晴らしさを発信し続けてまいります。

きもの英 ご贔屓さんのお気に入りは…

裏方仕事にぴったりの紋付

内弟子時代は、たとえ裏方でも礼を失しない紋付がユニフォームのようなもの。白塗りで舞台に立った後も、さっと紋付に着替えて裏方のお手伝いをしなければなりません。きもの英の洗えるきものは白粉がついても平気ですし、「そんなことをしたら汚れる」と言われる雑用も、「洗えるから大丈夫です!」ときびきび動くことができ、本当に助けられました。内弟子時代に擦り切れるほど着たブルーの紋付には、そんな思い出がいっぱい詰まっています。それから何枚つくったでしょう、今も五代目がいらっしゃる時にはきもの英の紋付で楽屋を手伝いますが、ふと修行時代を思い出しますね。

裏方仕事にぴったりの紋付
子どもとのお稽古も安心 子どもとのお稽古も安心

とても便利な二部式襦袢からお稽古用の小紋まで、きもの英で揃えて本当に重宝しています。昨年には文化庁のプログラムで「日本舞踊子ども教室」を開催しました。20人ずつ、3つのお稽古場をまわって教えることになり、いつも以上の大変さでしたが、そんな時にも大活躍。無事に発表の舞台へとこぎつけました。予想以上の大盛況で、日本舞踊に興味を持って続けてくれる子もいて、大きな手応えを感じました。そして、今年もチャレンジしています。

夏のお稽古の心強い味方

お稽古で汗だくになっても、すぐに洗濯機洗いできる気軽さは、夏になるとさらにありがたいですね。いくら洗濯しても傷みがほとんどないことは、紋付で実感済みですから、せっせと洗っています。しかも吊るしておくだけですぐに乾き、早いローテーションで着られるので本当に助かっています。

夏のお稽古の心強い味方

お知らせ「ご贔屓さんのクローゼット」参加者募集

弊店の洗えるきものをお召しのお客様、「ご贔屓さんのクローゼット」にてご紹介させていただける方を募集しております。お気に入りのきものをぜひご紹介ください。
ご興味のある方はメール又はお電話にてご一報ください。

電話:03-3269-6018 / info@kimonohanabusa.co.jp

バックナンバー

No.01 「絹物を着尽しているからこそ、英のきものが欠かせません。」
No.02 「母から私に、そして娘へ。家族三世代で楽しむ、英のきもの。」
No.03 「舞台衣装はやはり英で。汚れを気にしなくていいので演奏に集中できます。」
No.04 「質の高い染めの仕事に太鼓判!英のフォーマルきものはいいことずくめ"」
No.05 「喜優流の着こなしは、小紋と染め帯で季節を楽しみます。」
No.06 「17歳で松竹歌劇団(SKD)に入団 大好きな踊りで芸能の世界へ」
No.07 「向島花柳界・若き料亭女将の華やかで実用的なきもの選び」
No.08 「いつもの自分から日本女性へ気軽に変身!英のきものの便利さにはまりました。」
No.09 「“着ていて楽しい”がキーワード。お店もプライベートも英が大活躍です。」
No.10 「華やかで品があることが大切。本人を際立たせる着物選びを。」
No.11 「気負わず、気楽に、悠々と。趣味の着物だからこそ、自由な心で。」
No.12 「悠々自適の日々で見つけた楽しい着物ライフ。」
No.13 「指導者の立場になっても品があるが出しゃばらない着物で。」
No.14 「若女将にふさわしい着物姿を目指しています。」
No.15 「40年前からのご贔屓!「惜しげもなく着られるのがいい」
No.16 「コートのお洒落は着物の醍醐味 品と華やぎで日々を楽しく」
No.17 「気兼ねなく着こなせる 洗えるフォーマルの魅力」
No.18 「夏だからこそ英の洗えるきもの毎日の装いに欠かせません。」
No.19 「幾つになっても女らしさを失わない可愛い着物が好き」
No.20 「お客様を主役にしつつ、自由に楽しむ着物スタイル」
No.21 「周囲への気遣いを第一に控えめな装いを心がけています。」
No.22 「35年前、英と出会った当時に作ったきものが、まだ現役です。」
No.23 「趣味の『伝統芸能』鑑賞に英の着物は欠かせません」
No.24 「若さに似合う明るい着物を気軽に着られる楽しさ」
No.25 「花街・向島の伝統を現代に受け継ぎ、継承していきたいと思います。」
No.26 「お茶屋文化を次代へ引き継ぐべく、奮戦中。」
No.27 「古きよき昭和の人情に支えられ、女手ひとつで築いたお茶屋。」
No.28 「着物との出会いで自分の世界が広がりました!」
No.29 「踊りが好きで好きで、ここまで歩んできました。」
No.30 「たくさん揃えて着こなしを楽しむ、理想の着物ライフを満喫中。」
No.31 「20年ぶりに再開した着物ライフを、気ままに楽しんでいます」
No.32 「着物ならではの制約の中で自分流の着こなしを」
No.33 「小学生の頃から憧れた文楽の世界で、三味線一筋60年。」
No.34 「娘に家元を譲り、2世宗家に。流派を盛り上げる努力はこれからも。」
No.35 「3代目家元として、2児の母として、フル回転の毎日です。」
No.36 「上方唄の演奏に魂をかけて半世紀以上。まだまだ精進の日々です。」
No.37 「天国の母に褒めてもらいたい一心でここまできました。」
No.38 「芸事にはまり、芸者さんの着こなしに憧れて…。」
No.39 「何だって、やるからには納得いくまで。充実の日々を楽しんでいます。」
No.40 「生まれ育った神楽坂の町を、さまざまなかたちで盛り上げたい」
No.41 「日本が誇る食文化、懐石料理をもっと身近に。」
No.42 「義母にきものを一から教われることが幸せです。」
No.43 「着物は和やかな交流を生み出す社交着。」
No.44 「運命の出会いから、今も続くふたりのラブストーリー」
No.45 「パソコンと着物を通じて、世界が広がり楽しみがふくらみました。」
No.46 「いつも愛する家族に囲まれて。今は孫たちの成長が楽しみです。」
No.47 「踊りを通して、より多くの人が自国の文化を知るチャンスを。」
No.48 「夫婦円満の秘訣は、尽きることのない会話です。」
No.49 「プロのエンターティナーとして、お客さまを満足させる踊りを。」
No.50 「美術から茶の世界へ日本文化の奥深さに魅せられています。」
No.51 「自由気ままな隠居暮らし、時にはふらり着物散歩。」
No.52 「よく働きよく遊び、人生を謳歌しています。」
No.53 「装いに託された日本の心に感銘を受けました。」
No.54 「地元仙台の伝統家具を守り継ぎ、より多くの人に。」
No.55 「“フロシキ”を和の世界に親しむ入り口に。」
No.56 「定年退職後の第二の人生に、着物で豊かな彩りを。」
No.57 「まるで恋でもしたように、着物への想いをつのらせて。」
No.58 「日本人を一番素敵に引き立てるのは、日本の色です。」
No.59 「お茶を入り口に、日本文化の魅力を広く伝えたい。」
No.60 「なんでも相談できる着物のアドバイザーでありたい。」
No.61 「地道に育てた人とのつながりが、何よりの宝物です。」
No.62 「さまざまな刺激を取り入れ、感動を伝えられる演者に。」
No.63 「家族と愛犬、そして着物、大好きなものに囲まれて。」
No.64 「心身を明澄の境地に導く居合道を後世へ。」
No.65 「憧れ続けた和の世界を、ようやく自由に楽しんでいます。」
No.66 「日本舞踊は、自分の中に揺るぎない軸を確立してくれます。」
No.67 「日本の文化に学ぶことは、いまや世界の流れでもあります。」
No.68 「贈り物も装いも、物語をこめることで喜びが大きくなります。」
No.69 「芯が一本通った芸を、しっかり身につけたい。」
No.70 「描くこと、着物を着ることは自己探求でもあるんです。」
No.71 「着る人の気持ちに寄り添う和装小物を届けたい。」
No.72 「受け継がれた舞踊を、日本文化とともに広めたい。」
No.73 「踊りとともに、家族とともに、さまざまなご縁に感謝して。」
No.74 「待ってましたの真打昇進、いっそうの精進を続けます。」
No.75 「悠々自適の今、いろんなことにチャレンジしようと思っています。」
No.76 「義母のおかげで、着物との新しいかかわりができました。」
No.77 「大人として必要なことはすべてお茶から教わりました。」
No.78 「着物が日常にある暮らしを、日本人として守りたい。」
No.79 「着物を楽しむ人を、もっと素敵にしたいんです。」
No.80 「一人息子の出産とともに始動した「着物ミッション」。」
No.81 「寄席に、お客さまに、恩返しができる日まで。」
No.82 「舞踊家として、振付師として、舞台に生きる日々。」
No.83 「私の毎日を彩るのは、伝統芸能と愛犬への思いです。」
No.84 「かけがえのない妹だから、着物もお揃いで誂えました。」
No.85 「いくつになっても自然体でそこに居る、そんな落語家に。」
No.86 「第二の人生ステージで、趣味の世界を深めます。」
No.87 「南米でのさまざまな体験が、私の価値観と人生を変えました。」
No.88 「日本舞踊への気持ちは、幼い頃からずっと変わりません」

ご意見・ご感想はこちらへ

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ