最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > フロシキスタイル12ヶ月 > 3月 ひな祭り 今月の包み「びん包み」

フロシキスタイル12ヶ月 風呂敷の古典的な包み方から現在のファッションアイテムとしての風呂敷使いを学びましょ♪

小山田 千鶴(おやまだ ちづる)

フロシキスタイル主宰
企業や団体の研修会で、ふろしき包みセミナーを実施。
海外での日本文化ワークショップでは、外国人に風呂敷包みを指導。
古典的な包みから、現代のファッションアイテムとしての風呂敷使い
を提案している。

ホームページ:http://furoshiki-style.jp

バックナンバー一覧をみる最新のコラムをみる

フロシキスタイル3月 ひな祭り 今月の包み「びん包み」

風呂敷 ひな祭り(びん包み)

一枚の風呂敷でつくる特別な空間

春の野山を雛人形に見せてあげる「雛の国見せ」をご存知でしょうか。江戸中期に流行したこの行事は、雛人形を屋外へ持ち出し小高い丘に登り、眺めの良い場所に羽織や布を敷いて、雛人形を飾るというもの。春の到来を喜ぶ女児たちの様子が目に浮かびます。

この優雅な行事にあやかり、様々な場所での雛祭りを楽しんでみませんか。写真の風呂敷は50cm幅の小ぶりなものですが、白酒や雛あられを包むのに丁度良いサイズです。また敷物として広げれば、そこはまさに雛(ひいな=小さく可愛らしい)の小宇宙が広がります。風呂敷は、敷いたり、掛けたりするだけで、特別な空間を演出することが出来ます。

雛祭りカラーで彩るには

クリスマスカラーに赤と緑の組み合わせがあるように、雛祭りといえば、菱餅の3色が思い浮かぶことでしょう。よもぎの緑、菱の実の白、クチナシの桃など、それぞれに薬効のある植物でこしらえた菱餅は、一年の健康と厄よけの願いが込められた食べ物なのです。

また雛祭りのルーツは、中国より伝来した「踏青 とうせい」(春の若草を踏み、川で身を清める行事)と、人をかたどった形代(かたしろ)を海や川に流し厄を祓う「流し雛」とが習合したものと言われていますが、この春の野や川も3つの色で表現されているそうです。すなわち「桃」は春の花(桃の花)、「白」は川(水)や残雪、「緑」は萌え出る若草・・・という風に。季節の行事に、色は大事な要素ですから、風呂敷を活用する際にも参考にして下さいね。

風呂敷 今月の包み方

写真は、白酒(1合瓶)を小風呂敷(50cm幅)で包んでいます。

風呂敷「びん包み」の包み方。一枚の風呂敷で作ります。

ひと言

~ひな祭りの白酒を、風呂敷で包みましょう~
『お酒やドリンクの差入れに役立つふろしき包み』

古典的なびん包みから、
ペットボトルのホルダーまで
様々な「びん包み」が集合します。

2月25日(木)14:00〜16:00
会場:東京メトロ銀座駅より徒歩5分
会費:5,700円(税込)

*ティータイムあり
*白酒のお土産つき

 詳細はこちら:http://ameblo.jp/monyow/entry-12127817982.html

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

バックナンバー一覧をみる最新のコラムをみる

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ