最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > フロシキスタイル12ヶ月 > 5月 端午の節句 今月の包み「ふろしき兜」

フロシキスタイル12ヶ月 風呂敷の古典的な包み方から現在のファッションアイテムとしての風呂敷使いを学びましょ♪

小山田 千鶴(おやまだ ちづる)

フロシキスタイル主宰
企業や団体の研修会で、ふろしき包みセミナーを実施。
海外での日本文化ワークショップでは、外国人に風呂敷包みを指導。
古典的な包みから、現代のファッションアイテムとしての風呂敷使い
を提案している。

ホームページ:http://furoshiki-style.jp

バックナンバー一覧をみる最新のコラムをみる

フロシキスタイル5月 端午の節句 今月の包み「ふろしき兜」

風呂敷 端午の節句(ふろしき兜)

ふろしきで飾るテーブルナプキン

子ども時代に、新聞紙でこしらえた兜を頭に被せて遊んだ思い出がありませんか。「かぶと」は「鶴」と並んで、最もポピュラーな折り紙ですね。その折り紙の手法を用いて、風呂敷のテーブルナプキンを作ってみましょう。5月に集うパーティーや催しに、この「ふろしき兜」は大活躍しますよ。

テーブルナプキンとして使用する際、出席者のネームカードを兜にさして席礼にしたり、メッセージカードやゲームの番号札を兜で被せておくなど、テーブルを楽しく演出してみませんか。子供向けの会なら、お菓子を包んで持ち帰りのお土産にしてもよいですね。「風呂敷」「折り紙」「兜」「端午の節句」などの日本文化を一枚の風呂敷を通して表現できますから、外国人との文化交流にもおすすめです。外国のお客様には、Samurai helmet (kabuto) として、ぜひ折り方も教えて差し上げて下さいね。

節句行事を今に生かそう

ところで端午とは、旧暦5月のはじめの午(ご/ウマ)の日のことを指します。古くから菖蒲やヨモギ等の香りを放つ植物で邪気祓いをして、厄除けの行事が行われていました。男児の誕生と成長を祝う行事に変化したのは、武家社会が台頭する鎌倉時代以降で、将軍の世継ぎが誕生すると、槍や甲冑などの武具を立てて盛大に祝ったそうです。江戸時代になると、紙製の大きな兜を飾ったり、鯉のぼりが考案されたりと、武士の気風が民間にも受け継がれていきます。時代とともに形成されてきた節句行事には、自然界への畏敬の念や、生命を育む祈りが込められています。この日本の素晴らしい文化を、今の暮らしの中に生かしていきたいですね。

風呂敷 今月の包み方

折り紙の兜とほぼ同じですが、風呂敷の大きさや布の特性を考慮してみましょう。

風呂敷「ふろしき兜」の包み方。折り紙の手法を用いて、風呂敷のテーブルナプキンを作ってみましょう。

ひと言

グループの例会や研修会で
ふろしきのワークショップ」を開催しませんか?

● グループの例会や研修会として
● 親子で学ぶ日本文化教室として
● 外国人との交流会として

時間やテーマにあわせて、内容を企画しております。
お気軽にご相談ください。

お問い合せはこちらから

バックナンバー一覧をみる最新のコラムをみる

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ