最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

きもの英 Instagram

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > リサイクルをお求めのお客様へ

リサイクルをご利用のお客様へ お求めになる前にご一読ください。

最近ネットやリサイクルショップで弊店の商品を良く目に致します。
長くご愛顧頂いていることに厚く御礼申し上げます。
またリサイクルでも弊店の商品を欲しいと思って頂けることに感謝しております。

それとともに目にあまる行為もございます。
明らかに弊店の商品でないものがタグを付け替えて売られています。
ですが、これは比較的簡単に見分けることが出来ます。
「背縫いがミシンかどうかを見てください」
弊店のきものは全て手縫いです。
ミシンで縫われている箇所があれば、それは弊店の着物ではありません。
但しコートは割るためミシンが使われている箇所がございます。但しコートや羽織には英のタグはお付けしておりません。

ミシンで縫われている着物」と「タグの付いたコート」は弊店のものではありません。

弊店は創業53年を迎えます。
半世紀以上にも渡りご支援頂きましたこと感謝致します。
その頃生まれた「初期の洗えるきもの」と「近年の洗えるきもの」
それはかなり違います

「英の着物」であるという印に付けられております「タグ」 この「タグ」には時代によって3種類あるのです。

第1期

第1期
昭和45年頃から昭和60年まで

弊店の初期の頃の着物です。この頃のものは後々ロングセラーとなった鬼しぼ縮緬が生まれた時期でもありますが、概して今と比べツルツルすべる繊維です。特に絽などの夏物は今とは比較になりません

第2期

第2期
昭和60年から平成13年頃まで

このタグが付けられた製品は今でも遜色なくお召し頂けるものがあるのと同時に、やはりものによってはまだまだ改善されたものが多く見受けられます。

第3期

第3期
平成14年から現在に至る

日々開発が続けられております。このタグが付いているとはいえ、附下や訪問着の技法は15年前とではかなりの差があります

昨今のリサイクル市場を拝見するにあまりにも第1期のタグの付いたものばかりです。

もちろんそれも弊店の商品であることに変わりはありません。
ですが「今の弊店の洗えるきもの」をご存じの方が承知のうえで昔の商品をお召になるのは良いのです。中にはお身内様の大切なお召し物もあるでしょう。
ただ初めての方が「初期の頃の洗えるきもの」を「今の英のきもの」だと思われることが悲しいのです

母の代から50数年、真摯に物づくりをしてきたつもりです。
洗えるきものを牽引してきた自負もあります。
日々開発を続けてきたという思いもあります。
今のリサイクル市場を拝見するに、どうしても皆様にお伝えしたく思いました。
最後までお読み頂きありがとうございました。

きもの英 店主敬白

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ