最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > 髙橋和江の読んで効く処方箋「きものボディメイク・サプリ」 > 第8回 100年前でも考えられていた!内側から防水という発想・・・

髙橋和江の読んで効く処方箋「きものボディメイク・サプリ」

髙橋和江(有限会社たかはし 代表取締役 / たかはしきもの工房 女将)

宮城県気仙沼市在住。
メンテナンスが専門である京染店の仕事を通して、和装肌着の大切さを知り、大切な着物を守るための和装肌着「満点スリップ」を開発。新発想の和装肌着製造メーカーとして現在50アイテム以上の商品を製造、着物ファンのためのものづくりに取り組んでいる。

著書:「着物まわりのお手入れ」河出書房

バックナンバー一覧をみる最新のコラムをみる

第8回 100年前でも考えられていた!内側から防水という発想。満点スリップの紹介

1916(大正5)年9月18日創業の主婦の友社という出版社があります。昨年、創業100年を迎えた記念に着物関係の記事を編纂して出版された、田中敦子編著『きもの宝典』という本があります。編纂だからなのでしょうか、ものすごい情報量で2,160円というリーズナブルさ、いや、きっと主婦の友社が万感の思いで送りだした1冊だからこそのサービス価格という気がします。

田中敦子編著『きもの宝典』

私としては着物好きなら絶対手に取ってほしい1冊だとあちこちで宣伝しまくっています。とにかく、手の中で100年を味わえるのって素敵です。意匠の美しさ奇抜さ、往年の女優さんの凛とした美しさ(昔の女優さんは本当の意味で雲の上の人だったんですね〜)はもちろんですが、なんといってもこの本を読むと、着物の自由度がぐんと上がる気がします。なぜなら、日常のものだったそれは現代の、しきたりに縛られた着物とは全く違うからです。ああ、それでいいんだ、と目の前が明るくなる方がきっとたくさんいるはずです。

中でも一番びっくりしたのは、内側から汗を防水する発想が100年前にもあったことです!しかもゴム引きや油紙を挟むなど、防水のみでどんなに不快であろうと思えることも試されているのです。当時の汗対策についての記述が160ページ中の6ページを締めているほど、高価なよそ行き着物の汗対策は関心の高いことだったとわかります。結局、汗がだらだら流れ落ちるような工夫は定着せず、なるべく汗を吸い取ってもらう肌着に定着したようです。

満点スリップ エクストラ

私も「大切な着物を汗などの体液から守りたい!」一心で15年前に満点スリップを作りました。昔の人より少し賢かったのは、「汗を防水するだけでは不快極まりないのだから、吸湿したうえで防水する!」を思いついたことでしょうか。この少しの賢さは、きっと現代の教育の賜物ですね。笑。

ところで、「満点スリップの背中の防水布は暑いから取ってほしい。」と言われることがあります。確かに、防水するということは通気性を遮断することになるわけですから暑く感じることもあると思いますが、一方着物を傷める確率はぐんと下がるわけです。当社は着物を傷めない汚さないということを主眼にものづくりをしていますので、多少暑くなるとわかっていても背中にも防水布を貼りました。あちらを立てればこちらが立たずとはよく言ったものですが、物事にはメリットとデメリットがあります、必ず、です。

お買い物の時には、自分が何を一番に求めているのかをきちんとわかったうえで選び取るということがとても大切です。たとえ肌着1枚でも、是非そのように考えてみてください。満足度があがること、間違いなしです。

バックナンバー一覧をみる最新のコラムをみる

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ