最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > コラム 着物屋女将「スタイルUPレッスン」:Vol.5 夏のご準備致しましょ!

着物屋女将「スタイルUPレッスン」

着物の好みは十人十色、着付けの仕方も十人十色。
これが正解!っていうのはないと思います。
こうしなきゃいけないっていうのは、儀礼装を除けばないんじゃないかしら?
でもこういうコーディネートをすると素敵に見える♪
こうしたらもっとかっこよく見える♪
皆様それぞれあっていいんです。
だからこの着物屋女将「スタイルUPレッスン」もあくまで私のマイ・コメント。
私はこう思うけどどうかしらン?位の参考になさって頂ければ幸いです。

Vol.5 夏のご準備致しましょ!

さぁ、いよいよ本格的な衣替えの季節!
夏のきものって暑いから敬遠されがち?かと思いきや結構夏きものからデビューされる方いらっしゃるんですよ。
お中元のCMとかの影響だと思いますが白いパラソルくるくる姿に憧れて♪
そんなビギナーさんの為にも軽く衣替えについておさらいしちゃいましょう。

夏のきものはポイント高!

夏は大きく分けて単衣を着用する時期薄物を着用する時期とがあります。
単衣は6月、9月に着用します。
絹ものだともっと素材は豊富ですが、今回は当家で取り扱っている「洗えるきもの」の中でも
代表的な素材についてお話させていただきます。

通常、袷に仕立てるような生地を裏なしで仕立てたものや揚柳などの単衣専用の生地を
使ったものが単衣です。
なので生地の透け感はほとんどありません。
薄物は7月、8月に着用します。
これは絽に代表される透け感のある夏の素材のことです。
この原則を踏まえて多少融通を利かせていけばよろしいんじゃないかしら?

これに帯や長襦袢の素材などで季節や場所がらをコーディネートしていく訳ですが
「季節は先取り」ということをポイントとして押さえてください。
特に夏はこの「季節は先取り」が重要なキーワードになりますからね!

いよいよ春単衣本番

先ずは6月1日からが正式な衣替えになります。
「春単衣」と呼ばれる時期で、裏なしに仕立てたきものと夏帯を合わせます。
ただこの時の夏帯も出来れば絽塩瀬などの透け感の少ないものを選びましょう。

同じ夏帯でも紗や羅は7月、8月の盛夏に締めましょうね。
6月末に季節が移るにつれ、またその日のお天気などによって
帯や襦袢を除々に透け感のあるものに変えて行くのが上級テクニック!

縮緬の単衣と絽塩瀬の帯。透け感の強い羅帯はまだ早いですよ。

夏の素材いろいろ

次に当家で扱っている洗えるきものの夏の素材をいくつかご紹介しましょう。

■絽
先ずは「絽」。
夏に一番ポピュラーな素材ですね。
お召しになるのは原則的に7月、8月。
でも「季節は先取り」の原則で6月末にはお召し頂いても大丈夫!

洗えるきもの(絽)

■流絽・変わり竪絽
次は縦絽の素材。
ひとつは当家で「流絽」と命名したもの。
しゃり感がとても気持ちの良い素材です。
もうひとつは「変わり竪絽」
どちらも「横絽」に比べて透け感が少ないので、6月半ばから9月初旬までお召し頂けます。

洗えるきもの(流絽・変わり堅絽)

■夏紬
最後に「夏紬」
これは透け感が一番少ないので6月の初旬にはお召し頂けます。
9月はせいぜい半ばまで位をメドにしてください。

洗えるきもの(夏紬)

ね、「季節は先取り」
6月は早めに夏を取り入れてもいいけど9月は早めにきりあげるのがお洒落さん!

でも「夏紬」が一番トクじゃん (^^)v なんて言わないでくださいね。
「絽」が一番正式な素材なのでお召しになる場所も考えて行かなきゃいけないのよ。
悩ましいけどお洒落のし甲斐のある4カ月!
頑張りましょうね。

夏のきもの選び

皆様少しは参考にして頂けましたでしょうか?
こんな感じで思いつくままのマイコメント、しばらくお付き合いくださいませ。

最新のコラムはこちらへ ご意見・ご感想はこちらへ

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ