最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > コラム 着物屋女将「スタイルUPレッスン」:Vol.7 夏の模様いろいろ

着物屋女将「スタイルUPレッスン」

着物の好みは十人十色、着付けの仕方も十人十色。
これが正解!っていうのはないと思います。
こうしなきゃいけないっていうのは、儀礼装を除けばないんじゃないかしら?
でもこういうコーディネートをすると素敵に見える♪
こうしたらもっとかっこよく見える♪
皆様それぞれあっていいんです。
だからこの着物屋女将「スタイルUPレッスン」もあくまで私のマイ・コメント。
私はこう思うけどどうかしらン?位の参考になさって頂ければ幸いです。

Vol.7 夏の模様いろいろ

暑いですねぇ・・・
毎年のことながら梅雨明けしたと思ったら照り付ける太陽。
私は夏の終わりにはいつも繰り越しの通りにくっきり日焼けしてしまうの。
とてもばっちくてイヤなのよ。

さてさて夏のきもの姿。
着ている方はかなり暑いものですが街行くギャラリーからは涼しげに軽やかに見えるもの。
確かに白いパラソルくるくる回して、白い帯をキリリと締めて。
そうした様は見るからに清涼感いっぱいよね。
期待を裏切らないように皆様、頑張りましょうね。

夏は独特の素材に加えて模様の楽しみ方も惜しげなく出来ます。
というのはね、袷の時期は10月〜5月まででしょ。
そうすると、どうしても柄に制約が加わっちゃうの。
特に花の模様などは季節が出ちゃうでしょ。
例えば梅の柄、どんなに色が気に入っていようが可愛かろうが、
やっぱり1月と2月の柄。
紅葉や桜、菊等などきものの柄に良く使われるけど
それぞれ皆季節があるわ。
だからぜ〜んぶ色んなものを入れて百花模様にして
季節をなくしちゃうの。
勿論それはそれで良いのですがその「季節感の模様を味わう」が
解禁されるのが夏きものだと思います。

夏の模様選びのポイントは「涼感」

例えば水辺のもの。
流水、水紋、葦、水鳥、蟹、金魚なんかもステキね。
または次の季節を待ちわびるもの。
涼風のたつ秋口に思いをよせて、秋草、とんぼ、青もみじ、
すすきなんてのもいいわね。
私は昨年、雪だるまがスキーをしている絽の帯を見かけました。
迷わずに買っておけば良かったとちょっぴり後悔しています。
あとは夏に咲く花ね。
でもポイントは朝顔やほおずきのように涼感を呼ぶようなものであること。
またヘチマや夏野菜なんかもいいですね。
私の好みかもしれませんが
向日葵みたいにお日様とガンガン仲良しなものは暑苦しいなぁ・・・



昔読んだ「細雪」だったけな、笹の小紋に短冊模様の帯を合わせて七夕の装いに見立てるシーンがあったような気がする。
ここまでの上級テクはともかくとして自分なりの着物物語。

所詮薄物は夏以外は着られないんですもの。
夏模様を惜しみなく取り入れちゃって着こなしを楽しみましょうよ。

季節をt楽しむ模様♪

最新のコラムはこちらへ ご意見・ご感想はこちらへ

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ