最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > コラム 着物屋女将「スタイルUPレッスン」:Vol.10 礼装について思うこと

着物屋女将「スタイルUPレッスン」

着物の好みは十人十色、着付けの仕方も十人十色。
これが正解!っていうのはないと思います。
こうしなきゃいけないっていうのは、儀礼装を除けばないんじゃないかしら?
でもこういうコーディネートをすると素敵に見える♪
こうしたらもっとかっこよく見える♪
皆様それぞれあっていいんです。
だからこの着物屋女将「スタイルUPレッスン」もあくまで私のマイ・コメント。
私はこう思うけどどうかしらン?位の参考になさって頂ければ幸いです。

Vol.10 礼装について思うこと

前回は大勢の人が集まるパーティ会場では華やかな色目の方が綺麗に見えますよ、
という風に申し上げました。
でもお茶席や観劇の席では必ずしもそうではありません。
やはり場所によってふさわしいお召しものを選びましょう。

お茶席の附け下げ

お茶は色々なご流派がありますのであまり書くとお叱りを
受けそうなので、ちょっぴり控えます。
ただ一般的には無地感覚のものが好まれます。
例えば裾ぼかしになっているものや裾に控えめに模様の
ついているもの等です。
やはり周りのお道具や景色を邪魔しないようにとの配慮だと思います。
色無地がお茶の方に好まれるのもその由縁でしょう。
もちろん色目もしっとりとした目立たないようなものをお召しの方が多いですよね。
反対にお嬢様方は可愛らしいお色目をお選びになります。
目上の方が多い中で好感を持って頂くためにも良いことだと思います。

能楽堂や地唄舞の会など

こちらは観劇ですから無論小紋をお召しになっても構いません。
ですが記念の会だったりお知り合いがご出演だったりする場合には敬意を表して附け下げで行ったりすることもありますよね。
その際もやはり煌びやかなものはふさわしくないように思います。
色目はしっとりとして景色に溶け込むようなものの方が周りの人にも邪魔しないのではないでしょうか?

ではお洒落のポイントは?

■ひとつは季節感!
前回書いた華やかな地色の附け下げは極端な言い方をすると
地色がズバッと目立つので模様はそんなに気にならない、
あまり印象に残らないんです。
でも控えめな地色だとどうしても裾模様に目がいっちゃう。
そういう時にさりげなく季節感が取り入れられていたらとっても素敵!
以前、ある冬の寒い日、能楽堂に友人と参りました。
その日の彼女の装いは雪持ち笹の附け下げ。
いやーお見事でした。
この季節感の演出は何もきものでなくても帯でも持ち物でも構いません。
要は季節を感じる気持ちを表現することだと思います。

■もうひとつのポイントは帯!
きものが控えめな場合は自然と帯が引き立ちます。
静かな附け下げですと帯の締める役割はとても大きく感じられます。
特に帯は面積が小さいので後姿をじっと見つめてしまいます。
重厚な帯ですと帯が主役の装いになりますよね。
季節感の感じられる帯は拝見していても楽しいものです。
吉祥文などに込められた祝意を感じると優しい気持ちになります。
帯は自分では良く見えないけれど他の人にはよ〜く見えます。
中々あなどれないアイテムですよね。

おまけの話し

■お出迎えする側は控えめな装いで
お招きしたり、お出迎えしたりする側はお客様よりも華美にならないよう装うのが鉄則。
やはりお客様を立てて気持ち良く過ごして頂くためにゲストよりも目立ってはいけないというのは日本人独特の美意識ですよね。
歌舞伎の初日や楽日などに役者の奥様方がご挨拶に立たれますが良い参考になりますね。

 

皆様少しは参考にして頂けましたでしょうか?
こんな感じで思いつくままのマイコメント、しばらくお付き合いくださいませ。

最新のコラムはこちらへ ご意見・ご感想はこちらへ

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ