最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > コラム 着物屋女将「スタイルUPレッスン」:Vol.17 長襦袢の選び方

着物屋女将「スタイルUPレッスン」

着物の好みは十人十色、着付けの仕方も十人十色。
これが正解!っていうのはないと思います。
こうしなきゃいけないっていうのは、儀礼装を除けばないんじゃないかしら?
でもこういうコーディネートをすると素敵に見える♪
こうしたらもっとかっこよく見える♪
皆様それぞれあっていいんです。
だからこの着物屋女将「スタイルUPレッスン」もあくまで私のマイ・コメント。
私はこう思うけどどうかしらン?位の参考になさって頂ければ幸いです。

Vol.17 長襦袢の選び方

弊店の人気NO1アイテムは何と言っても「長襦袢」
やっぱり洗えるから清潔だし、半衿のかけかえも不要だから手間入らず。
重宝して頂けるのも納得です。
でも「きものは沢山欲しいけど長襦袢は出来るだけ色んなきものに合わせたい!」って
本音ですよね?
私も良くお客様に「何にでも着られる襦袢ください」って言われますもの(笑)

お気持ちはわかりますが長襦袢って結構目立つんですよ。
だから何でもいいって訳じゃないんです。
ところが自分じゃ見えないから始末が悪い。
どこから見えるかっていうともちろん「振り」
後ろ姿で「振り」からこぼれる色目ってポイントです。
それから袖口、所作の度見えますものね。
動く度に女の匂いがこぼれるような袖口は魅力的です。
「長襦袢は白が一枚あればいいわ!」なんて耳にすると
「女捨ててるゥゥ〜」と思ってしまいます。
だからと言ってあんまりきものとの相性の悪い襦袢はちょっぴり悲しい。
せかっくのきもの姿の魅力が半減しますわ。

長襦袢の色柄の種類

じゃ、襦袢選びのポイントは何かしら?
先ずは長襦袢の色柄の種類を見てみましょう
ここではわかりやすく3タイプに分けました。

【1】フォーマルな長襦袢
ここでいうフォーマルとは正装用の白い長襦袢です。
上に着るアイテムは留袖や色留袖、黒紋付、色紋付き等の正装の下に着ます。
またきものがナーバスな位白っぽかったら附け下げや色無地等の下にも着ますよね。
でもいずれにしても紋がついているレベルの格の高いものの下にお召しになるほうが良いと思います。

【2】セミフォーマルな長襦袢
色無地やぼかしなどの長襦袢です。
特に弊店の売れ筋はぼかしの柄、比較的お召し物を選ばず重宝します。
訪問着や附け下げ、色無地、飛び柄などのちょっぴり格のある小紋や江戸小紋。
きちんとしたお席でもちょっとした遊びのシーンでも使えるから
今のニーズに合っているのでしょうね。
大体、今きものを着るシーンてセミフォーマルな場が多いですもんね。

【3】カジュアルな長襦袢
個性的な色目やはっきりした柄など入った長襦袢です。
織物や縞柄などのお洒落着に合わせます。
振りからチラッと赤いお花などが見えたりするのはとってもお洒落!
女っぽいし!!
でも反面上級テクも必要になってきますよ。
特に個性的な色目のものだと後ろ姿の時に思いの外目立つもの。
襦袢の色が目を引きすぎて帯を殺しちゃうこともあります。
下品にならないように上手に引き算してくださいね。


長襦袢を選ぶ時

いざ襦袢地を手にとると迷ってしまいますよね。
その時の選び方のポイントです。
時々、顔写りを見られている方がいらっしゃいますが、普通はあまり関係ないんじゃないかしら?
私は指でつまんで、「こんな風に袖口から見えるんですよ」とお話ししています。
それでご自身のお召し物と相性の良さそうなものをお勧めしています。


弊店売れ筋NO1はぼかしの長襦袢
その色目を選ぶ時の参考にしてくださいね。
お好きな色目を選んで頂くのが一番ですが、もし迷ったら少々色目の濃い目の方がオススメです。
当然、上のきものの方が色目が濃いでしょ?!
あんまり長襦袢が薄い色だと無地みたいになっちゃう。
それよりも少しだけ色がはっきりしているな、と感じるくらいの方がキレイに纏えると思います。

 

皆様少しは参考にして頂けましたでしょうか?
こんな感じで思いつくままのマイコメント、しばらくお付き合いくださいませ。

最新のコラムはこちらへ ご意見・ご感想はこちらへ

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ