最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > はなぶさサロン

はなぶさサロン きもの友達を集めて自宅リビングに英ショップを呼んでみませんか?

英が始めた新しいサービス、「はなぶさサロン」。
お稽古仲間やきもの友達などを集めて、ご自宅のリビングに英スタッフを呼んでみませんか?
商品一式をお持ちして伺います。きもの初心者さんから通の方まで、まずは英のきものに
触れていただき、知っていただくことが目的です(購入の必要はありません)。
気さくなスタッフばかりですので、何でも気軽にご質問、ご相談ください。
お友達といっしょにわいわい楽しめる、アットホームなサービスです。


第1回はなぶさサロン・レポート

今回サロンが開かれたのは、都内にお住まいのお客様、横山真由美さんのご自宅です。
お茶のお稽古仲間の中村八千代さん、近所のお友達の荒川弘枝さん、鳥谷芳恵さんの三人が集まりました。「横山さん自慢の英のきものをたくさん見られるのが楽しみ。なかなかお店に伺うことができないから、こういう機会は嬉しいですね」と中村さん。荒川さんと鳥谷さんは、まだ呉服店に足を運んだことがないという初心者さんで、「今回実際にお店の反物を見たり、スタッフの方とお話できるのが楽しみです」とわくわくしていらっしゃる様子。きものキャリアはそれぞれ違う皆さんですが、スタッフ到着前から話に花が咲きます。

右から/中村八千代さん。茶事やお稽古を中心に、披露宴などフォーマルな場できものを着ます。「そろそろ普段のお洒落としてもきものを楽しみたいですね」/荒川弘枝さん。きもの初心者。披露宴などには両親が購入してくれたきものを着ます。「コーディネイトを相談したり、着付けをお願いしたり…横山さんには甘えてばかりです(笑)」/今回の主宰者、英のきもの愛用者の横山真由美さん。「きものを着ることが多いので実用的な英のきものは手放せませんね」/きもの初心者の鳥谷芳恵さん。呉服店にひとりで入ったことがありません。「お嫁入りの時に作った訪問着しか持っていないので、もっと色々きもののことを知りたいです」

ピンポーン…玄関のベルが鳴りました。
「こんにちは〜、このたびはお世話になります」。明るい笑顔で現れたのは、きもの英の女将とお店のスタッフ。車に積んだ商品の箱をリビングに運び入れ、手慣れた様子でたとう紙を敷き、着尺を並べていきます。ピンク、黄、グリーン、青…色とりどりの反物が出される様子に、全員が釘付け。自然に笑顔がこぼれ、目がキラキラと輝いてきます。

はなぶさサロン
はなぶさサロン
鳥谷さん: 「わ〜、きれいな色! これ全部、ポリエステルなんですか?」
女将: 「そうなんですよ。ただポリエステルといっても、英では生地の種類から色、柄に至るまですべてオーダーで作っているので、品質には自信があります」
横山さん: 「市販の大量生産品にはない色柄ですよね。私も最初見た時、驚いたもの。着心地や着姿も全然違うのよ、ほとんど絹物と変わらないの」



横山さん: 「最初はあまり深く考えずに、好きだな、着たいなと思うものを羽織ってみるといいですよ。ね、女将さん」
女将: 「そうですね、お洒落ですから。その古典柄の小紋、よくお似合いですよ」
荒川さん: 「ベージュや黒のシンプルな洋服が多いので、少しシックな色のほうが安心なんです。これはニュアンスのある墨色、チャコールグレーがお洒落ですね。落ち着いているのに流れるような柄裄が大胆で、好みにぴったりかも!」

鳥谷さん: 「私は少し華やかな色柄のものを着てみたいな。ただ背が低いので、柄の大きさ、バランスは気にしたいですね。この藤色のきものは何ですか?」
スタッフ: 「訪問着ですね。すっきりとしたいい色柄で、長く使っていただけるきものです。仮仕立てになっているので、袖を通してごらんになりますか?」
鳥谷さん: 「素敵ですね! 洋服なら絶対着ない色ですけれど、きものだと違和感ありません。柄の色使いが落ち着いているせいかな。これなら着てみたいですね」

女将: 「着尺のほかに、長襦袢地もお持ちしました。英のお客様の多くが長襦袢から始められるんです。ポリエステルなので自宅の洗濯機で洗っていただけますし、着心地も確かめられるし…きものよりお安いですからね(笑)」
中村さん: 「絹物に合わせて着てもいいんですよね? 暖かい日など、茶事のお手伝いやお稽古をしていると汗をかく時も多くて…洗えるのは嬉しいですね」
横山さん: 「私も汗をかきやすいから、本当に便利よ。半衿、衿芯をつけたまま洗えるの。洒落た色柄がたくさんあるから、選んでみたら?」
女将: 「長襦袢が見えるのは、袖口と身八ツ口。反物を選ぶときは生地をつまんで袋状のようにして、正面からの見え方をチェックするといいですよ」

きものをあれこれ手に取り、お洒落話に花が咲きます。落ち着いた色が好きという荒川さんには、「ピンクのきものが似合うのにもったいない!」と全員が熱心な説得。家のリビングで賑やかにお喋りしながらきもの選びができるのは、サロンならではかもしれません。専門家やお友達、複数の意見を同時に聞けるのも貴重なこと。また横山さんの体験談を聞いた上で、スタッフに具体的な質問、相談ができるのも安心です。サロンは約1時間半ほどで終了、皆さんの笑顔が楽しさを物語っていました。

はなぶさサロンを体験して…

横山真由美さん

いつも自分が着ているものを自慢してしまうんですが(笑)、今回直接見ていただけてよかったですね。英さんが色々な種類の商品を持ってきてくださったので、皆さん自分好みのきものを見つけられたようですし、品質の高さと便利さに驚いていました。

中村八千代さん

横山さんが着ているものを見て知ってはいましたが、今回初めて英のきものに触れ、素材や色柄などじっくり拝見させていただいて、一枚一枚きちんと作っていらっしゃるんだなぁと感心しました。触れると気持ちが動きますね。自分の家で洗濯できるなら、これからぜひ着てみたいと思っています。

荒川弘枝さん

皆さんでいっしょに見ると、自分では気付かなかった似合う色や柄、きものの知識なども教えていただけますね。いろいろなキャリアの方がいてくださったので、私のような初心者でも安心して楽しめました。女将さんたちも気さくに話してくださり、呉服店の敷居が少し低くなったような気がします。

鳥谷芳恵さん

ひとりで呉服店に入ったことがなかったので、家のリビングで和気あいあいと商品を拝見できたのは、本当に嬉しい機会でした。きものの知識があまりないので、お店の方とどうお話したらい いのか分からず不安でしたが、きもの通の横山さんや中村さんがいっしょで心強かったです。次はお店に伺います!


はなぶさサロン ご相談・お申し込みについて

4〜5名様程度お集まり頂けましたら、ご説明に伺います。
商品の購入の必要はございませんのでお気軽にお声がけください。

地域は東京、埼玉、神奈川、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨など関東近郊とさせて頂きます。
ご遠方の場合はご相談させてください。

先ずはメールまたはお電話にてお問い合わせください。

メールでのお問合せはこちら  TEL:03-3269-6018 「はなぶさサロン」係

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ