最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

きもの英 Instagram

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > 美貴太夫のないしょ話し

美貴太夫のないしょ話し

清元美貴太夫

清元宗家高輪派太夫。歌舞伎や舞踊会で地方を勤める傍ら、花柳界のお座敷文化を伝え広げる活動も。神楽坂生まれの神楽坂育ち。

皆様はじめまして。美貴太夫と申します。この1年美貴太夫のないしょ話しとして神楽坂や花柳界の事、清元等芸事に関する事を面白いエピソードなどつづりながらコラムを書いていきたいと思います。
お付き合いの程よろしくお願いいたします。

バックナンバー一覧をみる

第10回 黒の出

平成も残す所あと僅か…新しい年、新しい年号新たなはじまりです。
皆様にとりましても輝かしい年となりますように。

黒の出の引き着姿

花柳界にとって1月はお正月営業、島田の日本髪、白塗りのお化粧、黒の出の引き着に金糸の丸帯を柳に締めて、粋な江戸前芸者の正装です。
さて上のお写真、どこの芸者衆でしょうか?なんと美貴太夫でございます!
ご贔屓の還暦お祝い、その席での1コマです。ご贔屓さんたってのお願いで、芸者姿を見てみたいとなり、ご贔屓つながりのお客様が長唄や笛をお稽古していらしたので地方はお客様方で、太鼓(たいこ)と鼓(つづみ)は神楽坂のお姐さんが入り、とても華やかで賑やかな長唄の踊りで俄獅子となりました。この黒の出の引き着、いくら着物を着なれた芸者衆でも一人で着ることが出来ません。昔は箱屋さんと言って芸者衆の身の回りのお世話をする専門の職業があり、箱屋さんが着付けをしてくれました。神楽坂は置屋さんに女中さんが何人かいて女中さんでも着付が出来たそうです。ただ丸帯を柳に締めるのは男でもかなりの力が必要ですから大変な作業だったと思います。
この柳に締めた帯、たまに耳にするのですが後ろから見ると垂れ下がっているのでだらしなく見えると…一般の方からするとそういう感じなんでしょうか。でもこの柳に締めた帯こそが芸者の色気の一つだと思います。お披露目したての若手でしたら垂れた柳の帯がペシャペシャ自分の身体にぶつかり、まだまだ色気とは程遠いかもしれません。慣れた中堅以上のお姐さんでしたら垂れた柳の帯が横にユラユラキレイに揺れて、柳の枝がサラサラ風に流れているように見えるのです。これぞ柳腰、後ろ姿で酔わすですね。柳腰という日本語も死語に近いでしょうか…芸者衆は普段のお座敷で附下や訪問着を着て帯をお太鼓に締めている時でも後ろ姿は柳腰、芸事や日々の鍛練から立ち居振る舞いが芸者衆独特の色気になっているのです。
今の神楽坂、お正月は松竹衣装の方が来て着付けをしてくれています。このご贔屓の還暦のお祝いの時も美貴太夫は松竹衣装さんに来てもらい、黒の出の引き着を借りて着せてもらいました。日本髪の島田のかつらは二十歳の時にお客様が作ってくれ、当時銀座に岡米さんという日本髪かつらのお店があり、新橋芸者衆出入りのお店でした。斉藤さんというベテランのおばあちゃんがいらして『アンタ、綺麗になるよ』となぜか気に入られ面白いお話をいっぱい聞かせてくれました。オーダーメイドなので、下地の型である地金を作るのに2時間くらい座らされ金型をかぶってトンカントンカン。斉藤のおばあちゃんが職人さんに美貴太夫の頭の形に合うよう細かい指示をテキパキと、それから人毛を地金の網に植えていくので出来上がりに2週間くらいかかりました。先生と呼ばれる斉藤のおばあちゃんのかつらはピッタリ頭に合い、島田に結った形がすごく素敵で新橋さんに限らず赤坂のお姐さん方もかなりお願いしていました。このご贔屓の還暦のお祝いの時、何十年ぶりかで岡米さんへかつらを結いに持って行った時、斉藤のおばあちゃんは亡くなり、「斉藤のおばあちゃんが結い上げたかつらは美貴太夫さんが持って来たこれだけだから、しっかり撫でつけてメンテナンスするのでこのままかぶってくれないか」とお願いされました。岡米のご主人も懐かしさと嬉しさで涙を流され…美貴太夫さんが大切に持っていてくれて良かったと感謝してくれ、僕もジーンと来てしまいました。今は岡米さんも廃業してしまいましたが、今でも斉藤のおばあちゃんが結ってくれたかつらは大切に綺麗なまま自宅に置いてあります。

ご贔屓の還暦お祝い 美貴太夫もお客様に入り長唄 勧進帳を

今回はお店紹介ではなく美貴太夫お座敷会のお知らせを。

お知らせ

美貴太夫お座敷会『心でとめて帰す夜は』

日時: 平成31年1月26日(土)
開場: 神楽坂 料亭幸本
昼席 午後1時30分 受付開場
   午後2時 開演
   午後4時 終演
会費: 21,000円
(会費には松花堂弁当、お酒等フリードリンク、芸者衆幇間衆花代、御祝儀、料亭席料すべて込み)

料亭さんの大広間で本格的なお座敷遊びの会です。
芸者衆の黒の出の引き着に日本髪、幇間衆の滑稽な芸、初春らしい花柳界の持て成しを是非体験しにいらしてください。
詳しくは【きもので遊ぼ】に掲載しておりますのでお申し込みはそちらから。

「きもので遊ぼ」ご案内はこちら

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ