最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

きもの英 Instagram

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > 美貴太夫のないしょ話し

美貴太夫のないしょ話し

清元美貴太夫

清元宗家高輪派太夫。歌舞伎や舞踊会で地方を勤める傍ら、花柳界のお座敷文化を伝え広げる活動も。神楽坂生まれの神楽坂育ち。

皆様はじめまして。美貴太夫と申します。この1年美貴太夫のないしょ話しとして神楽坂や花柳界の事、清元等芸事に関する事を面白いエピソードなどつづりながらコラムを書いていきたいと思います。
お付き合いの程よろしくお願いいたします。

バックナンバー一覧をみる

第11回 六花街・浅草編

お正月が来たと思っていたのにもう2月…節分に立春とはいえまだまだ寒い日々ですので着物でもコートを着て冬真っ只中…皆様も暖かくしてお過ごしください。

浅草若手芸者衆 千華姐さん

2月の花柳界といえば節分の厄落としで仮装する通称お化けが風物詩となっていて、芸者衆がそれぞれ思いおもいの仮装をしたり、組踊りといって2人か3人くらいで組になりその時流行りの時事ネタを盛り込んだ仮装をしショートコントのような寸劇をしてお座敷まわったりしています。中には本格的にハワイアンフラダンスやインド舞踊なんていうのも神楽坂にはありましたし、笑える編ではゆるキャラが手品をして早変わり、とにかく明るい安村になるというのもありました(笑)。さすがに肉襦袢を着てビキニパンツでしたが、「美人芸者のふたりがネェ」と大ウケでした。
花柳界節分のお化けから浅草花柳界へのお話。
美貴太夫がデビュー当時、清元は若手の氷河期で同期の若手というのが3人…10年近くそんな時代が続きました。その3人のうちの1人が浅草の紫沙さん。東京芸大を卒業し就職してOLさんになったのですが、芸事を活かしたいと浅草花柳界にご縁があって地方の芸者としてデビューしました。芸者になったと聞いた時はビックリしましたが、紫沙さんにとって天職じゃないかと今は思います(笑)。唄と三味線の芸はもちろん、独特のキャラの持ち主で面白いですし、企画力と熱い心にも信念があって美貴太夫も見習っています。その紫沙さんのおかげで浅草さんと行き来したりして楽しいお仕事が多々となっています。浅草のお姐さん方は気さくでちょっとおきゃんな感じ。観音裏といわれる土地柄か下町風で人情がとってもあります。

地方で唄のゆう子姐さん、三味線の紫沙姐さん

フィナーレの踊り、獅子はで、義経のゆう子姐さん、静御前の千晶姐さん

この浅草花柳界に紫沙さんの大先輩で最高齢芸者だったゆう子姐さんがいらっしゃいました。清元の名手と言われた達者な芸で美貴太夫お座敷会にも出てくださり、お客さま方にも大人気! 当時92歳でしたかね。お酒もスーッと粋に飲まれ、可愛らしい仕草でお話して幇間衆の地方をしてくれ、最後のフィナーレで賑やかな踊りまで踊ってくれ大喝采でした。ゆう子姐さん…今は引退されのんびりなさっているそうです。

浅草花柳界は活気があり、三社祭をはじめイベント事が多いので街々で芸者衆を見る事が多々あると思います。唯一花柳界で幇間衆が在籍しているのも浅草だけです。
紫沙さんが節分お化けで東京スカイツリーの仮装をした時の写真を載せていいか聞いたのですが、絶対ダメとの事…恥ずかしいからではなく出来が今一つだったからとの返答(笑)。そんな事ない、自前の手作りでアレだけのクオリティーはないです。桃や梨等をくるむ白い網みたいなのを体に巻いて、自ら東京スカイツリーになった紫沙さん、最高でした!(笑)

神楽坂で節分お化けの1コマ 茶切娘と書生さんと美貴太夫

お店紹介

浅草はいっぱいオススメがあるので迷ってしまいますが、まずはと決めた茶寮一松さん。美貴太夫お座敷会やお客様のお座敷でもお世話になっています。風情溢れるお庭に伝統技法で建てられた日本家屋が素敵で時代をタイムスリップしたかのような空間です。
水、木、金曜限定のランチ営業もしていて、味噌仕立てのビーフシチューも絶品でカフェだけの営業もしていますので浅草散策の際にはピッタリです。
お土産のおかきやかりんとうも美味しいので、楽屋お見舞い等にも利用させてもらっています。詳しくはホームページをご覧ください。女将さんもとっても可愛らしいんですヨ。

浅草 茶寮一松
住所 東京都台東区雷門1-15-1
電話 03-3841-0333
HP http://www.ichimatsu.co.jp/

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ