最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > ご贔屓さんのクローゼット No.44

きもの英をご贔屓いただいているお客様のクローゼットを拝見させていただきました。

イメージ 運命の出会いから、今も続くふたりのラブストーリー

プロフィール

結婚18年めのご主人と、今もラブラブの明子さん。ご主人は東京に単身赴任の間さえ、週末はいつも明子さんのもとに戻り、一緒に過ごされていたほど。そんな明子さんですがウイークデーは、愛猫とメダカのお世話、趣味の茶道と和裁…と、なかなか充実。現在の穏やかな幸せまでには、人生山あり谷あり?の出来事もあったそうです。

1週間で結婚を決めるまで

夫とは、お見合い結婚なんです。20代の後半に、近所の方の紹介で「じゃあ会ってみましょうか」と本当に軽い気持ちで、初めてのお見合い。彼は彼で、両親が見合いしろとうるさいから1回だけでも会っておけば気が済むだろうという動機で、結婚する気はまったくなかったらしいです(笑)。それが…もちろん初対面だったんですが、お互いの実家が少ししか離れていないことがわかって縁を感じて。もうずっと知っている人のような感覚で、自然に会話できたんですよね。お互い「(自分と結婚して)いいの?いいの?」と聞き合ったりして(笑)。一人息子だった夫の両親と早い段階で同居することも、受け入れる覚悟ができていました。1週間後には正式に結婚が決まり、今度は報告した私の友人たちから「いいの?いいの?」の嵐でしたよ(笑)。
以来18年…舅・姑に仕え、見送るまでお役目を果たさせていただきました。現在は夫婦ふたりきり…正確には愛猫2匹も一緒(笑)の、穏やかな毎日に幸せを感じています。

和裁をきっかけに着物ライフが充実

着物は、趣味の茶道で、お茶会などがあると着付けてもらう程度でした。自分でも着るようになったのは、踊りをやっている母にすすめられて和裁を始めてからです。和裁をやっているのに自分で着られないのは恥ずかしいと、ようやく練習する気になったんですね。やっぱり自分で着ると細かな調整ができるようになるし、着崩れても直せますよね。和裁もより実感をもってできますので、いろんな面でプラスになりました。和裁の友人と着物でお出かけするようにもなり…これからはこんなふうに「楽しんで着る」機会をもっと増やしていきたいですね。

きもの英 ご贔屓さんのお気に入りは…

フェバリットカラーの色無地 フェバリットカラーの色無地

茶道歴は15年ほど。お茶会や初釜などの行事ごとには、色無地があると重宝します。やさしい女らしさのあるピンクやパープルで、地紋を変えて袷、単衣、絽と一枚ずつ仕立てました。自分に似合う好みの色で…となると、どうしてもこのあたりの似たような感じになってしまうのですが、やっぱり気がついたら選んでいます。まあ、それも私らしくていいかなと(笑)。好きな色だからこそ、袖を通すと心がはずみますし。天候の悪い時など普通なら着物で行くのが憂鬱になるような日でも、臆せずに着られるのがうれしいですね。

小花が愛しい上品小紋

袷の時期に長く着られる小紋は、お茶の席にも、お友達とのちょっとしたお出かけにも着やすい一枚です。ほたるぼかしに花の柄は、気品のなかに可愛らしさがあって、ひと目で気に入りました。さらにポイントは、柄のお花に季節感がないこと(笑)。春といわず秋といわず、自由に着られるのは便利ですね。好きな着物はシーズンにこだわらずに着たいと思ってしまいますから。コーディネートで季節感を表現するのも楽しみのひとつです。

小花が愛しい上品小紋
自分で洗えるコートの魅力

グラデーションにも優雅さが感じられるこのコートは、防寒から塵よけまで、3シーズン着られるすぐれもの。手持ちのどの着物にも合わせやすくて、我ながらよい買い物ができたとよろこんでいます。それにコートが洗濯機で洗えてしまうって考えたら凄いことですよね。とはいっても、実はそんなに汚れが気になることもないので、洗うのは衣替えの前くらいなんですけど(笑)。どちらにせよ、やっぱり自分で全部お手入れできるのは本当に便利です。

自分で洗えるコートの魅力

最新のコラムはこちらへ ご意見・ご感想はこちらへ

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ