最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > ご贔屓さんのクローゼット No.55

きもの英をご贔屓いただいているお客様のクローゼットを拝見させていただきました。

イメージ “フロシキ”を和の世界に親しむ入り口に。

プロフィール

風呂敷を現代のファッションアイテムとしてとらえ、その魅力をさまざまな形で国内外に発信されている千鶴さん。当ホームページでの春からの連載コラム「フロシキスタイル12ヶ月」も絶好調です。今回のお話からも、おしゃれで実用性に富んだご提案のベースにある充実した日々が伝わってきます。

運命を変えた“フロシキ”との出会い

出身も在住も大分ですが東京に暮らした時期があり、今も銀座でフロシキスタイルのサロンを開いたり、セミナーに呼ばれたりと、結局月の3分の1近く東京にいる気がします。もともと好奇心旺盛なタイプで、地元で文化講座を企画開催したりしていました。そんな時、ふと手にした雑誌で風呂敷の記事を目にしてその美しさに心惹かれ、京都から専門家を招いて風呂敷をからめた和文化講座を開くことに。そのまま、風呂敷の世界にのめり込み、京都に勉強に通っているうちに講師になってしまったというわけです(笑)。風呂敷って、身近な生活の道具だし、和文化としても親しみやすく入りやすいですよね。私自身、軽い気持ちで学びはじめたのですが、そこからあっという間に世界が広がっていきました。

双方向の交流に発展させたい

子どもは二人ですが、上と下がちょうどひとまわり離れているんです。だからずっと子育てをしている気分(笑)。下の男の子は小学3年生くらいから、セミナー会場へ付いて来て、お手伝いもすることに。それが楽しかったようで、中学生になった今も、風呂敷は必需品で学校でも使っています。風呂敷って年配の人には古臭いイメージがあるかもしれませんが、子供や若い人、外国の方には新鮮に映るんですよね。美しくてファッショナブルな一枚の布を、自分の指先だけの感覚で仕上げていくというところに、創造的な感性が刺激されるようです。親子講座なども、みなさん本当に楽しそうでやりがいがありますね。これまでは教えることが中心でしたが、これからは逆にみなさんから、「自分はこんな使い方をしている」というリアルな生活の中での使用法であったり、包むモノ自体の情報であったりを提供していただき、お互いに学び合う機会をつくっていけたらと思っています。風呂敷が結んでくれるご縁を、これからも大切にしていきたいですね。

きもの英 ご贔屓さんのお気に入りは…

25年前、英と出会った記念の一枚 25年前、英と出会った記念の一枚

その頃は、まだ20代。ちょうど着付け教室に通っていた頃で、東京でたまたま目に入った英のお店へ。このオリエンタルな唐草模様が気に入って、思わず購入した思い出の着物です。ところがそのあと、すぐ出産、子育てとなって、結局ほとんど着ないまま箪笥で眠っていたんですよ。でもご覧のとおり、柄も品質も、まったく古びた感じがしないでしょう。今では講演に、ちょっとした集まりにと大活躍。シンプルだけど柄が大きいので、どんな場でも存在感があります。

ドレス感覚でおしゃれを楽しめるマーブル柄

以前から白っぽい着物を着たいと思っていたのですが、汚れることが気になってなかなか手が出せませんでした。ミルキーなこの地色は、洗えるきものだからこそ思いきりよく着こなせます。墨流しの柄は、外国でもマーブル模様として人気で、モダンな印象ですよね。帯次第であらたまった場所にも着ていけますし、センスが問われる場所にもエレガントに映えそうです。ホテルでのお食事会や、国際的なパーティなどに着たいと思っています。

ドレス感覚でおしゃれを楽しめるマーブル柄
手持ちの着物と相性がよい一枚目の羽織 手持ちの着物と相性がよい一枚目の羽織

かねてから素敵な羽織姿にとても憧れていました。帯の汚れ防止やちり除けに、ジャケット感覚でカジュアルに羽織れるものが欲しいと思っていたんです。そしてようやく手にできた最初の一枚です。着物を引き立てる絶妙の色合いも、柄を邪魔しないさりげない飛び柄も、まさにパーフェクト。今持っている着物、何にでも合う理想の羽織が見つかったと、とても喜んでいます。


最新のコラムはこちらへ ご意見・ご感想はこちらへ

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ