最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > コラム 着物屋女将「スタイルUPレッスン」:Vol.29 夏の帯締めと帯揚げ考察

着物屋女将「スタイルUPレッスン」

着物の好みは十人十色、着付けの仕方も十人十色。
これが正解!っていうのはないと思います。
こうしなきゃいけないっていうのは、儀礼装を除けばないんじゃないかしら?
でもこういうコーディネートをすると素敵に見える♪
こうしたらもっとかっこよく見える♪
皆様それぞれあっていいんです。
だからこの着物屋女将「スタイルUPレッスン」もあくまで私のマイ・コメント。
私はこう思うけどどうかしらン?位の参考になさって頂ければ幸いです。

Vol.29 夏の帯締めと帯揚げ考察

もうすぐ衣替えですね!
夏のきもの姿ってなんであんなに涼しそうに見えるのかしら?
着ている本人は暑いのにね(笑)
初夏を感じさせる単衣の季節、爽やかなお天気の時に颯爽ときものを着ていると必ず褒められます。
しかも道ですれ違った見知らぬ人が声を掛けてくれるの。
だからいつもシャンとして背筋を伸ばしていたいもの!
小物使いも手を抜かないでね!!

夏の帯締めオススメ

夏のお洒落のポイントはやはり涼感。
涼やかさを周りに感じさせることね。
それには帯締めって結構大きな役割占めています。
では帯締めに夏用って必要かしらん?という原点のお話ね。
帯締めの専門店や職人さんは必要ないって言いますね。
有名なある専門店では扱わないってところもあります。
夏の帯締めってレースみたいな組み方でしょ?
あれだと締めてるうちにブィーンと伸びちゃう。
そうするとみっともないですもんね。
じゃ袷用の帯締めをそのままでもいいかっていうとウ〜ンですね。
袷用の帯締めはほとんど5分(約1.9p)幅です。一部礼装用はもっと幅の広いものもあります。
それが夏の薄手の帯の上に乗るとドーンと暑苦しい。
悩ましいですよね。

帯締めの老舗「龍工房」の社長さんはお友達なの。
彼曰く、三分(1.14p)の冠(ゆるぎ)の帯締めがオススメだとか!
袷用の織り方と同じですが幅が8o弱狭いだけであらあら不思議、夏帯にもぴったり合います。
また、夏用に組まれたものでも伸びない組み方がされたものがあります。
私の愛用品でいくつかご紹介しますね。
夏でも小紋の多い私が一番愛用しているのがこのタイプ。
夏らしく少し密度が荒く組まれていますが、いわゆるレースのような組み方ではないので伸びてしまう心配はほとんどありません。
それでいて適度な軽やかさもあって単衣から夏の季節に重宝します。

ちょっとオスマシの附下などの時に愛用しているのがこのタイプ。
ひとつは小紋の時同様の密度濃く組まれたもの。
適度な金糸もあしらわれていてフォーマルにお使い頂くのに便利です。
もうひとつは変わり組みですが太い糸で組まれたもの。
このタイプはカジュアル用も持っていますが、レース状に組まれているにも関わらず先ず伸びることはないですね。

夏ならではの愛用品がこの丸組みタイプ。
最近では袷用ではほとんど見なくなった丸組みですが、夏の軽やかな素材で組まれるととってもキュート。
カジュアルな装いに可愛らしさをプラスしてくれるエッセンスになります。


最後に帯留テク、帯留用の帯締めは三分です。
夏帯の上に乗せても違和感がありません。
魚や貝、サンゴなど夏を感じさせる帯留でお洒落をするのも
楽しいものです。
一度トライしてみてくださいな。


夏の帯揚げオススメ

チラッとしか見えない帯揚げですが、やはりここでも涼やかさを
演出したいもの。
色目はあまりはっきりした強い色目よりきものと同色系か帯締め
の色と同系色の淡い色をオススメします。
帯締めと同じ色にする必要なんてないんです。
帯締めをキッパリした色にした時に帯揚げまで強い色にしてしまう
と目立ち過ぎて涼やかさが損なわれます。
そこは引き算の美学で色のポイントは帯締めに譲って帯揚げは
控えめに致しましょう。

夏の帯揚げの素材は大きく分けて二種類。
ひとつは絽目のはっきりしたもの。
もうひとつは絽目のない、密度の高い紗のような素材のもの。
私は圧倒的に後者を使うことが多いです。
やっぱり絽目がはっきりしていると春単衣と7月8月に結ぶ
感じでしょうか?
その点、絽の目の立たないものだと5月の後半から
6月の春単衣、7月8月の夏はもちろん9月の秋単衣まで
4か月以上締められますので登場回数も多くなりますね。





皆様少しは参考にして頂けましたでしょうか?
こんな感じで思いつくままのマイコメント、しばらくお付き合いくださいませ。

最新のコラムはこちらへ ご意見・ご感想はこちらへ

このページ上部へ戻る

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ