最高級洗えるきもの専門店「きもの英」

きもの英 神楽坂店

きもの英 Instagram

家庭の洗濯機で洗えます!洗えるきもの洗い方動画配信

求人情報

洗えるきもの 着物のことなら「きもの英(はなぶさ)」へ

トップページ > コラム 着物屋女将「スタイルUPレッスン」

コラム 着物屋女将「スタイルUPレッスン」弐の巻

ご好評を頂いておりました「スタイルアップ・レッスン
ご要望にお応えして再開させて頂きます。
ただしこれは教科書じゃないですよ!
あくまで私流の「マイ・コメント」
少しでも皆様のお役に立てたら嬉しいです。

女将拝

Vol.01 濃い色の絽の長襦袢に塩瀬の衿をつけて〜暑さ対策を長襦袢で〜

以前書いておりましたものを改めて読み直してみました。
思ったことはきものにも微妙な流行があるということ。
コートの丈や羽織の丈、10年も経たないのに微妙にかわるものですね。
改訂版の意味も込めて新たに書き直させて頂きたいと思います。

近年は温暖化の影響もあってか、5月でも真夏のような気温を観測することがありますよね。早々と単衣のきものを着るというのもアリだと思いますが、先ずは襦袢で一工夫。

長襦袢

私はきものを単衣にする前に、長襦袢を絽に変えてしまいます。
といっても真っ白な襦袢や麻の襦袢ではフライング感がありすぎます。
長襦袢は本人が思っている以上に目立つものですよ。

「思いっきり濃い色の絽に塩瀬の衿をつけて着る」

これは本当にラクチンです。
とても軽いし、振りからチラ見えしても「絽」とは思われません。
私は4月の終わりくらいから袷のきものの下に「濃い色の絽の襦袢」を着てしまいます。
「絽の襦袢は白」「濃い色の絽は透けるから」
濃い地の絽の長襦袢をおすすめすると皆様そのようにおっしゃいます。
真夏、透けるものをお召しになる時は白っぽい絽をちゃんと絽塩瀬の衿をつけてお召しくださいませ。
夏のための絽ではなく、「単衣の襦袢」の感覚で着る「絽」

長襦袢

もちろん7、8月だって着ることは出来ますよ。
夏紬のような透けない素材の下であれば、衿だけ絽塩瀬に替えればいいだけ。
それも全部はずすのではなく、上から簡単に縫っておくだけで大丈夫。
それを9月になったらまた絽の衿を外して。
10月くらいまではまだまだ暑い日が続きますから重宝します。
お召しになったら洗濯機でジャブジャブ!
お手入れもラクチン!!

思い込みを少し捨ててきものライフを楽しんでください。

最新のコラムはこちらへ ご意見・ご感想はこちらへ

※当HP内の画像・文章等の無断転載・使用禁止/最高級洗えるきもの専門店「きもの英(はなぶさ)」

ページ上部へ