お茶や着付け、踊りなどお稽古やお出掛けに、東京神楽坂の最高級洗える着物専門店 | きもの英(きものはなぶさ)

着物屋女将のスタイルUPレッスン!

  1. HOME
  2. 着物屋女将のスタイルUPレッスン!
  3. vol2「コート丈考察 ~コートの丈で印象が変わります~」

vol2「コート丈考察 ~コートの丈で印象が変わります~」

 

一番上に羽織るコートや羽織。

目立つものだけに気を使いたいところです。

コートや羽織は帯を守るという実質的な役割とともに、マナーとしての意味もあると思います。

街で時折お見掛けしますが、頂き物なのでしょうか裄が合わず着物が出ていたり、袖丈が合わず短い袖が出てしまったりするのは、見た目のよろしいものではありません。

コートもやはりマイ寸法が大事ですね。

 

コートの場合、裄や袖丈は着物によって決まっていますが、気をつけたいのはコート丈です。

昭和の頃は軽やかに膝よりかなり上の丈でした。

それが10年ほど前ですか、一気に長羽織が流行りました。

この頃は私もかなり長い丈を着ていたものです。

しかし、最近は長けりゃいいってもんじゃないよとわかってきたのか、だいぶ落ち着いてきたように思います。

 

 

 昭和の頃着ていた膝よりかなり上の丈。

今見るとかなり短い感じがします。

 

 

コート丈が長くなった頃すぐくらい。

今見るとかなり中途半端な気がします。

 

 

羽織なのかコートなのかで微妙に加減していますが

今は膝裏より少し下あたりに落ち着いています。

 

勿論、大事なのはご自身の好み。

正解なんてないんです。

迷ったらいつでもご相談ください。

 

雨コートにもなるフルレングスなのか、着やすいハーフコートなのか。

衿の形は道行なのか道中タイプなのか。

コートなのか羽織なのか。

楽しい悩みは尽きないですね。

上に羽織るものは汚れたら簡単にお洗濯できるコートは洗えると便利ですよ。

 

 

神楽坂店では2月6日(木)〜12日(水)「単衣着物と春コートの会」を開催いたします。

期間中私は在店いたします。

なんなりとご相談くださいませ。

>>展示会詳細

 

 

 

関連記事